Kotaro's blog

4月からサラリーマンゆえに今のうちに就活体験談をご紹介、エンタメは映画(アメコミ)と音楽

就活でお金を稼ぐ5種類の方法

就活の時は忙しくてアルバイトもできず、交通費などでお金がなくなりますよね。

 

それに、アルバイトをしていても、できればその時間を就活の時間に当てたいと誰もが考えるはずです。

 

そんな方のために、就活において少しでもお金が増える方法を紹介します!!

 

  • 就活でかかるお金
  • 就活商法には気をつけましょう
  • 就活での稼ぎ方
    1. 1.有給インターン
    2. 2.交通費
    3. 3.宿泊費
    4. 4.アプリのアンケート
    5. 5.サイトの活用
      1. 5-1.バリ活
      2. 5-2.MeetsCompany
      3. 5-3.ONE CAREER
  • 最後に

 

就活でかかるお金 

就活において、出費は必ず出ます。

 

説明会などの会場までの交通費

複数日のインターンの際の宿泊費(支給なしの企業の場合)

面接と面接の間の昼食代

 

など様々です。

 

できるだけアルバイトをせずに、就活に集中したいという方も多いでしょう。

 

そんな時のために、できるだけ出費を防ぐ方法や、稼ぐ方法は心得ていた方がいい結果を出せると思います。

就活商法には気をつけましょう

 お金を稼ぐ方法を紹介する前に、就活商法についてですが、

 

たまに、就活のセミナーで契約書にサインさせられそうになったという人がいます。

 

その契約をしてしまうと、高額のお金を請求されてしまうので気をつけましょう。

 

そのようなセミナーには気をつけてください。

 

就活はお金がかかるものだとか、

将来のために自分への投資だと思えば安いでしょうだとか、

最もらしいことを言って誘ってくるみたいですが、耳を傾けないように気をつけてください。

 

そのようなセミナーなどに参加せずとも、内定はとれますので安心してください。

 

さらに言えば有料のセミナーに行ったからといって自分の成長に繋がるとは限りません。

 

無料参加のセミナーでも自分の成長に繋がることはあります。何しろほとんど全てが初体験ですし!!

就活での稼ぎ方

では本題に入ります。いくつか筆者が知っていたり、体験したことを紹介します。

 

1.有給インターン


これは一番メジャーな方法だと思います。

 

リクナビマイナビでもたまに見つけたことがありますが、この方法はインターンの実務経験にも繋がり、選考にもいい感じに進めるので、お金ももらえて一石二鳥だと思います。

 

しかしベンチャー企業などである長期間のものは時間がとられすぎるため、よっぽどそこの企業の志望度が高い場合以外はあまりおすすめしません。

 

2.交通費


これに関しては、大手企業やベンチャー企業だと支給されることが多いですが、中小企業はあまり支給されなかったイメージです。(もちろん支給してくれる企業もあります。)

 

さらに言えば1dayのインターンでは、ほぼ支給されないと考えておきましょう。

 

大阪に住んでいる人が東京に行くだけでも、新幹線で往復26000円ほどかかってしまいます。

 

こんなにお金がかかっていては、すぐにお金が底をつきますね。

 

そんな時は、予定を繋げることを心がけましょう。

 

例として、

東京でのインターンの選考会があるのに、交通費の支給がない。

そんな時は、

その日の前後の日程で開催される交通費の支給されるインターンや選考会に参加する

といった感じです。

 

もちろん参加することができればですが、ここでは参加できる前提でお話します。

 

インターンについては下記のリンクをご覧ください。

www.kotablo.com

 

本選考の場合は面接をできるだけ同じ期間に集中させることをおすすめします。

 

企業によっては領収書の提出がなかったりして、あらかじめ支給額が決まっている企業が多いです。

 

もしそのような2社のインターンもしくは面接がいい感じに繋がれば1往復分の26000円が浮きます。

筆者の場合は前日に高速バスを利用して3000円で東京に向かいさらに10000万円浮かせて36000円ほど得をしたりしていました。

 

ずるいように思えるかもしれないですが、これがきっかけで見つけられる企業だってあります。それに経験だって増えます。

 

3.宿泊費


宿泊費の場合も容量は交通費の時と同じです。

 

しかし、宿泊費はホテルが決められていない場合にのみ可能です。

 

さらに言えば会場の近くに知人が住んでいた場合に可能になります。

 

東京や大阪が会場の場合は比較的知人が多いでしょうから、泊まらせていただいたりしてお金を浮かせましょう。

 

4.アプリのアンケート


これに関しては、少額でさらに現金ではなくAmazonのギフト券や、QUOカードでの支給になります。

 

マイナビリクナビでたまに実施されるアンケートに回答して小遣い稼ぎにしましょう。

 

リクナビのアンケートではAmazonのギフト券がよく手に入るイメージです。

 

基本数百円単位ですが数分で回答することができるので、隙間時間に積極的に回答してみましょう。 

 

5.サイトの活用


 就活サイトを活用してお金を稼ぐことここではおすすめを3つ紹介します。

 

5-1.バリ活


まず一つ目は、バリ活というサイトです。

 

このサイトの概要としては、面談をして就活の軸に合ったベンチャー企業を何社か紹介してくれるというものです。

 

そしてこのサイトでそうやってお金を稼ぐのかというと、

なんと初回面談の申し込みでAmazonのギフト券3000円がプレゼント!!

 

こんな企業の紹介もしてくれて説明会の案内までしてくれてギフト券3000円なんて本当にいただけるのかと思っていってみれば、本当にいただけました!!

 

さらに紹介してもらった企業の内定もとることができました。

 

ということで、いいことづくしでした。さらにそれだけではなく、

友達を紹介するとさらに3000円Amazonギフト券がもらえます。

 

ちなみに筆者は合計で1万円以上軽く稼ぎました。ぜひ下のリンクから確認してみてください。

バリ活!! | 「ベンチャー面談」のバリ活!!

 

5-2.MeetsCompany


これは株式会社DYMという企業が運営しているMeetsCompanyというサービスです。

 

このサービスは合同説明会などのイベントを開催したりしているのですが、なんと交通費(上限7000円)が支給されます。

 

簡単な概要としては、合同説明会でイベントごとに5~8社の企業が来て、説明会後に座談会が行われるというものです。

 

合説の後にリクルーターがついてくださったり、就活の相談に乗ってくれるのでお勧めです。

 

筆者の知人も4回生の1月の時点で内定を持っていた企業を辞退して、このイベントに参加して新しい内定を取得したという人もいます。それほど即日で内定をとれるイベントはじかんがあれば参加してみることをおすすめします。

 

ぜひ下のリンクから確認ください。

合同説明会ならMeetsCompany

 

5-3.ONE CAREER


最後にONE CAREERというサイトです。

 

このサイトは就活をする上で必見です。理由は、

過去のESの内容

インターンの内容

選考フロー

面接で聞かれたこと

などを見ることができるからです。

 

そして、どうやって稼ぐかというと、このESやインターンなどの体験談を投稿することで稼ぐことができます。

 

ES→1社につき300円 所要時間5分

インターン・本選考→1社につき1500円 所要時間20分

 

このように自分の体験を投稿するだけでお金を稼ぐことができます。

さらに期間限定で条件付きで体験談が1社につき3900円になるときもあります。

 

支払いはAmazonのギフト券ですがすごくお得です。ESなどはコピペするだけで良いので手間はかかりません。

 

筆者も軽く1万円以上は稼ぎました。ぜひ下のリンクからご確認ください。

就活サイトONE CAREER|就職活動に必要なインターン情報やES・面接・業界研究のコツが満載!

さいごに

 さいごになりますが、就活でお金を稼ぐことは非常に大切だと思います。

 

時間的余裕を確保できることも一つですが、精神的にも少しは楽になるでしょう。

 

お金がかかるから東京まで行くのはやめておこうというのは一つの機会を失っている可能性もあります。

 

だからといって無理をしろというのではありません。お金をかけずに行く方法はあるのかを考えるのが大切だと思います!!!

 

少しでもこの記事が参考になればと思います。
 

ではさらば!!!