【Excel(エクセル)/CONCAT関数】文字列の結合ができる関数

スポンサーリンク

f:id:tainers:20210228235651j:plain

どうも!社会人になってから、Excel・VBAをマスターしたコタロウです!

 

この記事では、CONCAT関数の使い方について書いてますのでぜひ、参考にしてください。

使い方

以下の画像のような場合があり、B3からD3までの文字列をつなげたいとします。

f:id:tainers:20210301191550p:plain

文字列をつなげる方法としては、「&」でつなげる方法や、「CONCATENATE関数」もあります。(下記の記事をご覧ください。) 

  

ですが、結合したい文字列が多いときは「CONCAT関数」を使うと楽です。

 

以下のように、範囲を選択するだけで簡単に結合させることができます。

f:id:tainers:20210301193752p:plain

また、結合させたいセルが離れている場合は、カンマ区切りで結合させることも可能です。

f:id:tainers:20210301194459p:plain

上記のように、間が空いている場合でセルが空欄の場合は、範囲内に入れてしまっても空欄を結合しているだけなので、結果は同じになります。

※「=CONCAT(B3,D3:E3)」と「=CONCAT(B3:E3)」の結果は同じ。

 

 他に、結合させたいセルが2列に分かれる場合は、以下の画像の通りに結合されます。

f:id:tainers:20210301195839p:plain

 

VBAで文字列の結合をしたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

以下、Excelを学ぶためのおすすめの書籍となります。ぜひご参考にしてみてください。