【Excel(エクセル)】グラフのデータラベル(値)を一部削除してしまった時の対処法【図説】

スポンサーリンク

f:id:tainers:20210210214204p:plain

どうもコタロウです!私は社会人になってから、Excel・VBAをマスターしました!

 

この記事では、以下のような悩みの解決法について書いています。

『グラフのデータラベルの値を一部削除してしまったけど、どうすれば元に戻せるのだろうか』

 

画像を使いながら説明しているので、ぜひご参考にしてください。

 

ではさっそく本題に入っていきます。解決法は以下2つあります

  •  解決法①:ショートカット
  •  解決法②:グラフの書式設定

それでは、それぞれ見ていきましょう。

解決法①:ショートカット

1つ目の解決法ですが、これは簡単です。

1つ前の状態に戻すショートカット『Ctrl + z』を使うことです。

 

この方法は、消してしまったことをすぐに気が付いた時に使える手段です。しかし、いくつかのグラフを作成していると、いつの間にか消えてしまっていたということもあるかと思います。

 

そんなときは以下の解決法②を試してください。

解決法②:グラフの書式設定

例えば以下のようなグラフがあったとします。

f:id:tainers:20210210220553p:plain

このグラフを以下のように編集します。

  • 政治の一番右のデータラベルを上に移動させる
  • 化学の一番右のデータラベルを削除する

f:id:tainers:20210210220929p:plain

この状態で政治のデータラベルを初期状態に戻さずに化学のデータラベルを復活させるには以下のような手順で進めます。

手順①:グラフの上で右クリックし、『グラフエリアの書式設定』をクリック

f:id:tainers:20210210223138p:plain

『グラフエリアの書式設定』をクリックすると右側に以下のようなエリアが出てきます。

f:id:tainers:20210210223234p:plain

 

手順②:グラフの「簡単だった」と回答したデータラベルの値のどれかをクリックし、アクティブにする。

※必ず復活させたい項目のデータラベルの値をクリックしてください。(今回の場合は、『簡単だった』)

f:id:tainers:20210210223412p:plain

アクティブにすると右側のグラフエリア書式設定に棒グラフのマークが出てきます。

f:id:tainers:20210210223553p:plain

 

手順③:グラフのマークをクリックすると『値』にチェックが入っているので、一度チェックを外して、再度チェックします。

f:id:tainers:20210210223727p:plain

『値』のチェックを外すと、以下のように「簡単だった」のデータラベルが消えます。

f:id:tainers:20210210224226p:plain

そして、再度『値』にチェックを入れると以下のように、政治のデータラベルの場所が編集後の状態で、化学のデータラベルが復活しています。

f:id:tainers:20210210223934p:plain

 

以上、グラフのデータラベルの一部を削除してしまったときの対処法でした。

Excelの活用方法として、マクロ/VBAに興味がある方は、以下でプログラムを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事 VBAでできること一覧