【Excel(エクセル)/マクロ/VBA】作成したマクロにショートカットキーを設定する方法を図解

スポンサーリンク

f:id:tainers:20200308200228j:plain

『マクロを作成したけど、毎回ツールバーのマクロボタンを押してから実行を押すのが面倒。』という悩みを解決します。

 

作成したマクロはショートカットキーを設定することが可能です。この記事では、その方法を図で解説します。簡単に手順を先に書いておくと下記のような感じです。

手順
  1. 「開発」タブの「マクロ」をクリック
  2. 設定したいマクロを選択して、「オプション」をクリック
  3. 設定したいボタンを空欄に入力して「OK」をクリック

「開発」タブの「マクロ」をクリック

まず下記の画像のような表と「集計」という名のマクロがあるとしましょう。

f:id:tainers:20200308211334j:plain

Sub 集計()
    
    '人数'
    Range("F3") = WorksheetFunction.Count(Range("C3:C7"))
    
    '合計'
    Range("F4") = WorksheetFunction.Sum(Range("C3:C7"))
    
    '平均'
    Range("F5") = WorksheetFunction.Average(Range("C3:C7"))
    
End Sub

「開発」タブの「マクロ」をクリックして、マクロ選択画面を表示させます。

設定したいマクロを選択して、「オプション」をクリック

マクロ選択画面を表示させた後は、設定するマクロをアクティブにして「オプション」をクリックします。

f:id:tainers:20200308212158j:plain

クリックするとショートカットキーを設定する画面が表示されます。

f:id:tainers:20200308215146j:plain

設定したいボタンを空欄に入力して「OK」をクリック

次は、設定したいボタンを空欄に入力をします。例として、いったん「k」を入力したとしましょう。(自分の好みのボタンで大丈夫です。)

f:id:tainers:20200308214948j:plain

 「OK」ボタンをクリックしたら、さっそくCtrl + kを押してみます。すると下記のようにマクロ「集計」が実行されます。

f:id:tainers:20200308215759j:plain

このように、毎回「開発」タブの「マクロ」をクリックして実行する面倒を、ショートカットキーを設定することで解決することができます。

 

これにて終了します。ブログを読んでいただきありがとうございました。