【Excel(エクセル)】セルの値(文字列)を結合させる関数や方法を紹介

スポンサーリンク

f:id:tainers:20210228205039j:plain

どうも!社会人になってから、Excel・VBAをマスターしたコタロウです!

 

この記事では、以下のような疑問について書いてますのでぜひ、参考にしてください。

「2つ以上のセルの値(文字列)を結合させるにはどうしたら良いのだろうか。」

 

今回は以下の2つの方法を紹介します。

①&を使う方法

②CONCATENATE関数を使う方法

③CONCAT関数を使う方法

 

では、それぞれ詳しく見ていきます。以下の画像のような場合でそれぞれの使用方法を紹介します。

f:id:tainers:20210228220724p:plain

①&を使う方法

&を使う場合は、以下の画像のように「=B3&C3」と入力します。「+」を使うとエラーになるので気を付けましょう。

f:id:tainers:20210228220750p:plain

②CONCATENATE関数を使う方法

concatenate関数の使い方は、とても簡単です。以下の画像のように「=concatenate(B3,C3)」として、結合させたいセルをカンマで区切るだけです。 

f:id:tainers:20210228220815p:plain

③CONCAT関数を使う方法

CONCAT関数の使い方もとても簡単です。「=concat(B3:C3)」といったように結合したいセルを範囲で結合するだけで良いです。

f:id:tainers:20210228220905p:plain

また、CONCATENATE関数と同じように、「=concat(B3,C3)」とカンマ区切りにしても結合させることができます。

 

以上、3通りの方法を説明しましたが、どの方法を使っても結果は以下の画像の通りになります。

f:id:tainers:20210228220942p:plain

 

VBAで文字列の結合をしたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

以下、Excelを学ぶためのおすすめの書籍となります。ぜひご参考にしてみてください。