【Excelマクロ】VBAで罫線の色を変更する方法【セルの書式設定】

スポンサーリンク

VBAで罫線の色を変更する方法

この記事では、VBAで罫線の色を変更する方法を紹介します。

 

目次

 

4つの罫線の色の変更方法

罫線の色の変更方法は以下の4通りあります。

  • 「ThemeColor」と「TintAndShade」で「テーマの色」を指定する方法
  • 「Color」でRGBを指定する方法
  • 「Color」で「標準の色」を指定する方法
  • 「ColorIndex」を使う方法

 

「ThemeColor」と「TintAndShade」で「テーマの色」を指定する方法

この方法は、「テーマの色」で指定する方法です。以下の画像のうち、赤線のアンダーラインの部分が「ThemeColor」、赤枠の中身が「TintAndShade」に対応しています。

配色

「ThemeColor」は左から順番に番号が対応しています。

 

「TintAndShade」の部分は比率で表示します。「ThemeColor」との対応表は以下の通りです。

.ThemeColor
-0.05 0.5 -0.1 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8
-0.15 0.35 -0.25 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
-0.25 0.25 -0.5 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4
-0.35 0.15 -0.75 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25
-0.5 0.05 -0.9 -0.5 -0.5 -0.5 -0.5 -0.5 -0.5 -0.5

 

線の色を指定するプログラムは以下の通りです。

    With Range("B2").Borders('線の位置の指定)
        .LineStyle = 'LineStyle指定
        .ThemeColor = 'テーマカラー指定
        .TintAndShade = '色の濃さ指定
        .Weight = 'Weight指定
    End With

上記の「ThemeColor」と「TintAndShade」の「=」以降を指定します。

 

例えば、5番(青色)の一番を濃い色を指定する場合は、以下のようなプログラムとなります。

    With Range("B2").Borders('線の位置の指定)
        .LineStyle = 'LineStyle指定
        .ThemeColor = 5
        .TintAndShade = -0.5
        .Weight = 'Weight指定
    End With

 

「Color」を使う方法

この方法は、以下の2つの指定が可能です。

  • 「標準の色」で指定
  • RGBで色を指定

 

「標準の色」で指定する方法

「Color」を利用して、以下の画像の「標準の色」を指定することができます。

標準の色

 

上記画像の「標準の色」は、数値で指定します。以下では、各番号に対応した値を表で表しています。

番号 Color
-16777024
-16776961
-16727809
-16711681
-11480942
-11489280
-1003520
-4165632
-10477568
-6279056

 

RGBで色を指定する方法

RGBの意味

  • R・・・Red(赤)
  • G・・・Green(緑)
  • B・・・Blue(青)

 

色は赤と緑と青でできています。RGB関数では、その三原色の割合によって色を表現するということをしています。

 

RGBの調べ方

  1. セルをアクティブにする
  2. Ctrl+1でセルの書式設定を開く
  3. 「塗りつぶし」タブをクリック
  4. 「その他」をクリック
  5. 「ユーザー設定」をクリック

上記の手順で進めると、以下のような画像の表示が出ます。

RGB検索画面

 

例えば、上記の画像では濃い青を指定しており、それぞれRが43、Gが48、Bが245です。これらをプログラムで指定する場合、以下のようになります。

    With Range("B2").Borders('線の位置の指定)
        .LineStyle = 'LineStyle指定
        .Color = RGB(43, 48, 245)
        .Weight = 'Weight指定
    End With

 

「ColorIndex」を使う方法

 「ColorIndex」は56種類の色が準備されており、予め番号が振られています。番号は以下の画像を参照ください。

ColorIndex対応表

上記の画像は、「ColorIndex」の番号を調べるためにVBAのプログラムを利用しました。自分でも「ColorIndex」の一覧表を準備したいという方は、以下のページをご覧ください。

(作成中・・・ColorIndex一覧表の作り方)

 

例として、この「ColorIndex」を利用して色を指定する場合、以下のようになります。

    With Range("B2").Borders('線の位置の指定)
        .LineStyle = 'LineStyle指定
        .ColorIndex = 41
        .Weight = 'Weight指定
    End With

上記のプログラムで画像の「41」に該当する青色を指定することができます。

 

以上、VBAで罫線の色を変更する方法の紹介でした。

関連記事

VBAで罫線を操作する方法をまとめたページを作成しました。以下の項目について知りたい方は、ぜひ記事をご覧ください。

  • 線の種類を選択する方法
  • 上下左右に線を引く方法
  • 斜線を引く方法
  • 外枠に線を引く方法
  • 内側に線を引く方法
  • 線の色を指定する方法

 

 

VBAの勉強方法について不安があったり、迷いがある方は一度以下の記事をご覧ください。記事を読むことで、VBAの正しい勉強方法を学ぶことができます。

 

参考書籍

VBAは基本的にネットで検索することで知識は得られます。そのため、勉強するならば、ネット検索が一番おすすめではあります。ただ、ネットでの検索はわからないことを調べるという方法です。

 

一方で書籍だと一から順序立てて基礎を網羅することもできます。以下の記事はVBAの基礎を網羅するのにおすすめの記事なので、ぜひご覧ください。