【Excelマクロ】VBAで罫線の場所(上下左右)を指定する方法【セルの書式設定】

スポンサーリンク

罫線の上下左右を指定する方法

この記事では、VBAで罫線の場所(上下左右)を指定する方法とサンプルプログラムの紹介しています。

 

目次

 

罫線の上下左右指定時の名前

罫線の上下左右指定時の名前を表形式で紹介すると以下の通りです。

名前 プログラム
xlEdgeTop
xlEdgeBottom
xlEdgeLeft
xlEdgeRight

 

次に、サンプルプログラムを紹介していきます。

サンプルプログラム

サンプルプログラムの「=」以降は、「線のスタイル」を指定するようになっています。「線のスタイル」の指定方法については以下のページで確認下さい。

 

セルの上を指定

    Range("B2").Borders(xlEdgeTop).LineStyle = 'LineStyle指定

 

セルの下を指定

    Range("B2").Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = 'LineStyle指定

 

セルの左を指定

    Range("B2").Borders(xlEdgeLeft).LineStyle = 'LineStyle指定

 

セルの右を指定

    Range("B2").Borders(xlEdgeRight).LineStyle = 'LineStyle指定

 

以上、VBAで罫線の場所(上下左右)の指定する方法とプログラム紹介でした。

関連記事

上記にも記載していますが、セルの罫線を指定する位置は、上下左右・斜線・外枠・内側があります。それに加え、線の色を変更したりすることもできます。

 

VBAで罫線を操作する方法をまとめたページを作成しました。以下の項目について知りたい方は、ぜひ記事をご覧ください。

  • 線の種類を選択する方法
  • 上下左右に線を引く方法
  • 斜線を引く方法
  • 外枠に線を引く方法
  • 内側に線を引く方法
  • 線の色を指定する方法

 

 

VBAの勉強方法について不安があったり、迷いがある方は一度以下の記事をご覧ください。記事を読むことで、VBAの正しい勉強方法を学ぶことができます。

 

参考書籍

VBAは基本的にネットで検索することで知識は得られます。そのため、勉強するならば、ネット検索が一番おすすめではあります。ただ、ネットでの検索はわからないことを調べるという方法です。

 

一方で書籍だと一から順序立てて基礎を網羅することもできます。以下の記事はVBAの基礎を網羅するのにおすすめの記事なので、ぜひご覧ください。