【Excelマクロ】VBAを使い始めるための手順【環境構築方法まとめ】

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

この記事では、ExcelでのVBAの環境構築の方法をまとめまています。これからVBAを使い始める方はぜひ参考にしてください。

 

VBAの環境構築はRubyやPythonに比べると非常に簡単です。手順としては以下の通りです。

①「開発」タブの表示

②コードエディタの表示

③マクロ実行画面の表示

 

①「開発」タブの表示

VBAのコードを書き始めるためには、「開発」タブが表示されていなければなりません。

 

しかし、Excelはデフォルトで「開発」タブが非表示となっています。「開発」を表示させるには、以下の記事をご覧ください。

 

②コードエディタの表示

「開発」タブを表示させた後は、プログラムを書くためのコードエディタを表示させる必要があります。

 

以下の記事で、VBAのプログラムを書くためのエディタの表示方法について書いているので参考にしてください。

 

③マクロ実行画面の表示

次に書いたプログラムを実行する方法です。マクロの実行方法はいくつかあり、以下の記事ではそれぞれ紹介しています。

 

以上、VBAの環境構築の方法でした。これでいつでもExcelでVBAを活用することができます。

 

環境構築が済んだ方は、さっそくコードを書き始めましょう。初級編として以下にプログラムを紹介しているので、一度勉強してみてください。

(Excelマクロ初級編、作成中)

 

また、マクロはショートカットキーを設定することもできます。もし、興味がある方は以下をご覧ください。

 

以下は、VBAのおすすめの 本です。今後さらに勉強したいと考えている人は一度読んでみてください。