【Excelマクロ】VBAによるセルの値の取得方法

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

 

この記事では、VBAによるセルの値の取得方法について紹介しています。

 

セルの値の取得は以下のプログラムで可能です。①と②はどちらでも同じ内容となります。

    Dim str
    str = Cells(2, 2).Value    ' ①
    str = Range("B2").Value    ' ②

ただ、「.Value」の部分は以下のように省略しても結果は同じです。

    Dim str
    str = Cells(2, 2)    ' ①
    str = Range("B2")    ' ②

他に、セルを取得して結合したものを変数に格納することもできます。以下のようなシートがあるとします。

マクロ実行前

 

このシートに以下のようなプログラムを実行すると、文字列が結合されています。

    Dim str
    str = Cells(2, 2) + Cells(2, 3)
    
    MsgBox str

 

マクロ実行後

もちろん「str = Range("B2") + Range("C2")」としても同じ結果となります。以上、VBAによるセルの値の取得方法でした。

 

以下、VBAを学ぶのにおすすめの書籍となっています。ぜひ参考にしてください。