【Excelマクロ】VBAで横位置・水平方向に値の配置を変更する方法【配置の操作】

スポンサーリンク

VBAで横位置・水平方向に値の配置を変更する方法

この記事では、VBAで文字の配置操作のうち、横方向・水平方向に指定する方法を紹介しています。

 

目次

 

横方向・水平方向の種類

文字の配置を横方向・水平方向に指定できる種類は、全てで以下の8種類あります。

  • 標準
  • 左詰め
  • 中央揃え
  • 右詰め
  • 繰り返し
  • 両端揃え
  • 選択範囲で中央
  • 均等割り付け

 

横位置の配置してい

 

それぞれの種類に対する解説やサンプルプログラムは後程説明します。

 

指定するプログラム名

次に、VBAでそれぞれを指定するための種類を紹介します。

 

それぞれのプログラム名を表形式にしたものが以下です。

横位置・水平方向 プログラム名
標準 xlGeneral
左詰め xlLeft
中央揃え xlCenter
右詰め xlRight
繰り返し xlFill
両端揃え xlJustify
選択範囲内で中央 xlCenterAcrossSelection
均等割り付け xlDistributed

 

サンプルプログラム・解説

ここからは、それぞれがどんな配置になるのかという解説とサンプルプログラムについて紹介していきます。

 

標準

標準は、デフォルトの指定です。文字列は左詰めとなり、数値は右詰めとなります。サンプルプログラムは以下の通りです。

   Range("B2").HorizontalAlignment = xlGeneral

 

画像を通じたさらに詳しい解説は以下のページをご覧ください。

(作成中)

 

左詰め

左詰めは、文字を左寄せにする指定です。サンプルプログラムは以下の通りです。

    Range("B2").HorizontalAlignment = xlLeft

 

画像を通じたさらに詳しい解説は以下のページをご覧ください。

(作成中)

 

中央揃え

セルの値を中央揃えにする指定です。サンプルプログラムは以下の通りです。

    Range("B2").HorizontalAlignment = xlCenter

 

画像を通じたさらに詳しい解説は以下のページをご覧ください。

(作成中)

 

右詰め

左詰めは、文字を左寄せにする指定です。サンプルプログラムは以下の通りです。

    Range("B2").HorizontalAlignment = xlRight

 

画像を通じたさらに詳しい解説は以下のページをご覧ください。

(作成中)

 

繰り返し

繰り返しは、セルに収まる限り値を繰り返す指定です。サンプルプログラムは以下の通りです。

    Range("B2").HorizontalAlignment = xlFill

 

「繰り返し」は少しわかりにくいですが、以下のページで画像を通じた詳しい解説をしているので、ぜひご覧ください。

(作成中)

 

両端揃え

両端揃えは、「折り返して全体を表示する」と同じ状態になります。 サンプルプログラムは以下の通りです。

    Range("B2").HorizontalAlignment = xlJustify

 

画像を通じたさらに詳しい解説は以下のページをご覧ください。

(作成中)

 

選択範囲内で中央

選択範囲内で中央は、 範囲選択をしているセルの中で中央揃えにする方法です。以下のサンプルプログラムだと、値がB2に入っているにもかかわらず、B2からE2の間で中央揃えになっているように見えます。もちろん結合しているわけではありません。

    Range("B2:E5").HorizontalAlignment = xlCenterAcrossSelection

 

画像を通じたさらに詳しい解説は以下のページをご覧ください。

(作成中)

 

均等割り付け

均等割り付けは、値が半角英数字の場合は中央揃えと同じになり、値が全角の場合はセルのサイズに合わせて均等の幅で値を表示します。

サンプルプログラムは以下の通りです。

    Range("B2").HorizontalAlignment = xlDistributed

 

画像を通じたさらに詳しい解説は以下のページをご覧ください。

(作成中)

 

以上、VBAで横位置・水平方向に値の配置を変更する方法の紹介でした。

関連記事

VBAの勉強方法について不安があったり、迷いがある方は一度以下の記事をご覧ください。記事を読むことで、VBAの正しい勉強方法を学ぶことができます。

 

参考書籍

VBAは基本的にネットで検索することで知識は得られます。そのため、勉強するならば、ネット検索が一番おすすめではあります。ただ、ネットでの検索はわからないことを調べるという方法です。

 

一方で書籍だと一から順序立てて基礎を網羅することもできます。以下の記事はVBAの基礎を網羅するのにおすすめの記事なので、ぜひご覧ください。