【Excelマクロ】VBAで罫線の線のスタイルを指定する方法を紹介【セルの書式設定】

スポンサーリンク

罫線の線のスタイルの指定方法

この記事では、罫線の線のスタイルの種類やVBAでのプログラムの書き方、サンプルプログラムの紹介をしています。

 

目次

 

VBAの「線のスタイル」の指定方法

Excelの罫線のうち、線のスタイルには以下の画像の通り、「なし」を除くと13種類あります。

罫線の種類

 

それぞれ線の種類(「LineStyle」)と太さ(「Weight」)を組み合わせることで13種類の線のスタイルを指定します。

 

上記画像の番号に沿った場合、組み合わせは以下のような表となります・

番号 LineStyle Weight
xlNone -
xlContinuous xlHairline
xlDot xlThin
xlDashDotDot xlThin
xlDashDot xlThin
xlDash xlThin
xlContinuous xlThin
xlDashDotDot xlMedium
xlSlantDashDot xlMedium
xlDashDot xlMedium
xlDash xlMedium
xlContinuous xlMedium
xlContinuous xlThick
xlDouble xlThick

 

次に上記の表を基に、線のスタイルを指定するサンプルプログラムを紹介します。

サンプルプログラム

以降のプログラムは、コードの量や読みやすさを考慮するため、「With文」を使って紹介します。

 

「With文」の詳しい使い方については、以下のページをご覧ください。

(作成中)

 

線のスタイルは全部で以下の種類があります。

  • ①線なし
  • ②実線・極細
  • ③点線・細
  • ④二点鎖線・細
  • ⑤一点鎖線・細
  • ⑥破線・細
  • ⑦実践・細
  • ⑧二点鎖線・中
  • ⑨斜破線・中
  • ⑩一点鎖線・中
  • ⑪破線・中
  • ⑫実践・中
  • ⑬実践・太
  • ⑭二重線・太

 

それぞれのサンプルプログラムは以下の通りです。

※ここでは、セルの上部(「xlEdgeTop」)を指定する場合を紹介しています。セルの罫線を指定する位置は、上下左右・斜線・外枠・内側があります。それぞれについては、以下のページでまとめて紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

①線なし

    Range("B2").Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlNone

 

②実線・極細

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlContinuous
        .Weight = xlHairline
    End With

 

③点線・細

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlDot
        .Weight = xlThin
    End With

 

④二点鎖線・細

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlDashDotDot
        .Weight = xlThin
    End With

 

⑤一点鎖線・細

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlDashDot
        .Weight = xlThin
    End With

 

⑥破線・細

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlDash
        .Weight = xlThin
    End With

 

⑦実践・細

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlContinuous
        .Weight = xlThin
    End With

 

⑧二点鎖線・中

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlDashDotDot
        .Weight = xlMedium
    End With

 

⑨斜破線・中

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlSlantDashDot
        .Weight = xlMedium
    End With

 

⑩一点鎖線・中

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlDashDot
        .Weight = xlMedium
    End With

 

⑪破線・中

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlDash
        .Weight = xlMedium
    End With

 

⑫実践・中

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlContinuous
        .Weight = xlMedium
    End With

 

⑬実践・太

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlContinuous
        .Weight = xlThick
    End With

 

⑭二重線・太

    With Range("B2").Borders(xlEdgeTop)
        .LineStyle = xlDouble
        .Weight = xlThick
    End With

 

以上、罫線の線のスタイルの種類とVBAのプログラム紹介でした。

関連記事

上記にも記載していますが、セルの罫線を指定する位置は、上下左右・斜線・外枠・内側があります。それに加え、線の色を変更したりすることもできます。

 

VBAで罫線を操作する方法をまとめたページを作成しました。以下の項目について知りたい方は、ぜひ記事をご覧ください。

  • 線の種類を選択する方法
  • 上下左右に線を引く方法
  • 斜線を引く方法
  • 外枠に線を引く方法
  • 内側に線を引く方法
  • 線の色を指定する方法

 

 

VBAの勉強方法について不安があったり、迷いがある方は一度以下の記事をご覧ください。記事を読むことで、VBAの正しい勉強方法を学ぶことができます。

 

参考書籍

VBAは基本的にネットで検索することで知識は得られます。そのため、勉強するならば、ネット検索が一番おすすめではあります。ただ、ネットでの検索はわからないことを調べるという方法です。

 

一方で書籍だと一から順序立てて基礎を網羅することもできます。以下の記事はVBAの基礎を網羅するのにおすすめの記事なので、ぜひご覧ください。