【Excel(エクセル)/マクロ/VBA】メッセージボックスを「中止」「再試行」「無視」で表示する方法

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

 

この記事では、マクロを使ってメッセージボックスを「中止」「再試行」「無視」で表示する方法をご紹介します。

 

先に、VBAを使ってマクロを操作する手順を知りたい方は下記を参考にしてください。

ではさっそく、マクロを使ってメッセージボックスを「中止」「再試行」「無視」で表示する方法ですが、下記のコードを実行すると表示できます。 

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("表示しますか?", vbAbortRetryIgnore, "確認")
    If msg = vbAbort Then
        MsgBox "中止します"
    ElseIf msg = vbRetry Then
        MsgBox "再試行します"
    ElseIf msg = vbIgnore Then
        MsgBox "無視します"
    End If

 

マクロ実行後

「中止」をクリックした場合

中止クリック後

「再試行」をクリックした場合

再試行クリック後

「無視」をクリックした場合

無視をクリック語

 

上記のコードをコピペするだけでできるので、ぜひ参考に!!

 

他のメッセージボックスについては、以下の記事をご覧ください。

 

下記の書籍は、とても読みやすく簡潔にマクロの使用方法が書かれているので、作業効率化のために勉強しようと思っている人にはとてもおすすめです。

また、マクロはショートカットキーを設定することもできます。もし、興味がある方は以下をご覧ください。