【Excelマクロ】VBAで表示できるメッセージボックスの種類を紹介【MsgBox】

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

この記事では、VBAで表示することができるメッセージボックスの種類を紹介しています。

 

VBAをこれから使い始めるという方は以下の記事をご覧ください。

 

それでは、順番に紹介していきます。

①ノーマルメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。

  MsgBox "成功!" 

 

②「はい」「いいえ」表示のメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。「はい」をクリックすると「表示します」、「いいえ」をクリックすると「表示しません」とメッセージボックスが現れます。詳細は以下のページをご覧ください。

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("表示しますか?", vbYesNo, "確認")
    If msg = vbYes Then
        MsgBox "表示します"
    Else
        MsgBox "表示しません"
    End If

 

③「OK」「キャンセル」表示のメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。「OK」をクリックすると「表示します」、「キャンセル」をクリックすると「表示しません」とメッセージボックスが現れます。詳細は以下のページをご覧ください。

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("表示しますか?", vbOKCancel, "確認")
    If msg = vbOK Then
        MsgBox "表示します"
    Else
        MsgBox "表示しません"
    End If

 

④「中止」「再試行」「無視」表示のメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。「中止」をクリックすると「中止します」、「再試行」をクリックすると「再試行します」、「無視」をクリックすると「無視します」とメッセージボックスが現れます。詳細は以下のページをご覧ください。

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("表示しますか?", vbAbortRetryIgnore, "確認")
    If msg = vbAbort Then
        MsgBox "中止します"
    ElseIf msg = vbRetry Then
        MsgBox "再試行します"
    ElseIf msg = vbIgnore Then
        MsgBox "無視します"
    End If

 

⑤「はい」「いいえ」「キャンセル」表示のメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。「はい」をクリックすると「表示します」、「いいえ」をクリックすると「表示しません」、「キャンセル」をクリックすると「キャンセル」とメッセージボックスが現れます。詳細は以下のページをご覧ください。

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("表示しますか?", vbYesNoCancel, "確認")
    If msg = vbYes Then
        MsgBox "表示します"
    ElseIf msg = vbNo Then
        MsgBox "表示しません"
    ElseIf msg = vbCancel Then
        MsgBox "キャンセル"
    End If

 

⑥「再試行」「キャンセル」表示のメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。「再試行」をクリックすると「再試行します」、「キャンセル」をクリックすると「キャンセル」とメッセージボックスが現れます。詳細は以下のページをご覧ください。

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("表示しますか?", vbRetryCancel, "確認")
    If msg = vbRetry Then
        MsgBox "再試行します"
    ElseIf msg = vbCancel Then
        MsgBox "キャンセル"
    End If

 

⑦警告アイコン表示のメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。「vbCritical」で警告アイコンを表示させています。詳細は以下のページをご覧ください。

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("危険な状態です?", vbRetryCancel + vbCritical, "確認")
    If msg = vbRetry Then
        MsgBox "再試行します"
    ElseIf msg = vbCancel Then
        MsgBox "キャンセル"
    End If

 

⑧問い合わせアイコン表示のメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。「vbQuestion」で警告アイコンを表示させています。詳細は以下のページをご覧ください。

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("表示しますか?", vbRetryCancel + vbQuestion, "確認")
    If msg = vbRetry Then
        MsgBox "再試行します"
    ElseIf msg = vbCancel Then
        MsgBox "キャンセル"
    End If

 

⑨注意アイコン表示のメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。「vbExclamation」で警告アイコンを表示させています。詳細は以下のページをご覧ください。

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("表示しますか?", vbRetryCancel + vbExclamation, "確認")
    If msg = vbRetry Then
        MsgBox "再試行します"
    ElseIf msg = vbCancel Then
        MsgBox "キャンセル"
    End If

 

⑩情報アイコン表示のメッセージボックス

マクロ実行後

以下のプログラムで表示させることができます。「vbInfomation」で警告アイコンを表示させています。詳細は以下のページをご覧ください。

    Dim msg As Integer
    msg = MsgBox("表示しますか?", vbRetryCancel + vbInfomation, "確認")
    If msg = vbRetry Then
        MsgBox "再試行します"
    ElseIf msg = vbCancel Then
        MsgBox "キャンセル"
    End If

 

以上、VBAで表示できるメッセージボックスの種類紹介でした。

下記の書籍は、とても読みやすく簡潔にマクロの使用方法が書かれているので、作業効率化のために勉強しようと思っている人にはとてもおすすめです。

また、マクロはショートカットキーを設定することもできます。もし、興味がある方は以下をご覧ください。