【Excelマクロ】VBAでセルの表示形式を通貨に変更する方法【セルの書式設定】

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

この記事では、VBAでセルの表示形式を通貨に変更する方法を紹介しています。

 

Excelでは表示形式で多くの通貨へ変換することが可能です。今回は例として、以下の通貨へ変更する方法を紹介します。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • ポンド
  • フラン

 

円への変換

   Cells(2, 2).NumberFormatLocal = "\#,##0_);[赤](\#,##0)"

米ドルへの変換

    Cells(2, 2).NumberFormatLocal = "$#,#.00"

ユーロへの変換

   Cells(2, 2).NumberFormatLocal = ChrW(8364) & "#,#.00"

ポンドへの変換

  Cells(2, 2).NumberFormatLocal = "£#,#.00"

 

フランへの変換

    Cells(2, 2).NumberFormatLocal = ChrW(8355) & "#,#.00"

 

セルを指定している「Cells(2, 2)」の部分は、「Range("B2")」としても同様の結果となります。

 

こちらの記事では、円マークがバックスラッシュで表示されていますが、コピーして、VBAのエディタにペーストすると円マークで表示されます。

 

また、ユーロとフランはVBAのエディタでは、?と表示されてしまうため、文字コードで指定する必要があります。

 

文字コードは、Chrw関数を利用することで表現できます。ユーロの文字コードは「8364」、フランの文字コードは「8355」でそれぞれ求めることができます。

Chrw関数に関する記事

(作成中)

 

文字コードの求め方に関する記事

(作成中)

 

以上、VBAでセルの表示形式を通貨に変更する方法の紹介でした。以下、VBAを学ぶのにおすすめの書籍となっています。ぜひ参考にしてください。