【Excelマクロ】VBAによるセルの範囲選択の方法を紹介

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

この記事では、VBAでのセルの範囲選択の方法を紹介しています。

 

①Range()による範囲選択

②Range()とCells()を利用した範囲選択

 

①Range()による範囲選択

    Range("A1:B1").Select

これで、セルA1からB1までを範囲選択することができます。他に、以下のような指定方法を利用した場合も同様です。

    Range("A1”, B1").Select

また、以下のように飛び飛びで複数のセルを選択することも可能です。

    Range("B2, B5, F5, F2").Select

②Range()とCells()を利用した範囲選択

    Range(Cells(2, 2), Cells(4, 4)).Selectこ

 

これで、セルB2からセルD4の範囲を選択することができます。また、「Cells()」を利用することから、変数を利用した範囲選択をすることが可能です。

    Dim row, column As Integer
    row = 2
    column = 2
    Range(Cells(row, column), Cells(4, 4)).Select

 

これも同様に、セルB2からセルD4の範囲を選択することができます。

 

以上、セルの範囲選択の方法でした。以下、VBAを学ぶのにおすすめの書籍となっています。ぜひ参考にしてください。