Kotaro's blog

【内定後の過ごし方】卒業までの時間を有意義に使う5つの過ごし方

スポンサーリンク

内定をもらい就活を終えたら、卒業して社会人になるまでに時間があります。その期間をどうやって過ごしたらいいのか考える人はたくさんいるでしょう。

「社会人になるための準備をしたらいいのか」、「休みのうちにいっぱい遊んでおいた方が良いのか」と。

そういった人のために、今回は内定後の有意義な過ごし方を5つ紹介します。

f:id:tainers:20200105221117j:plain

  • ①:旅行をする
  • ②:海外ドラマを一気見する
  • ③:筋トレをする
  • ④:資格の勉強をする
  • ⑤:プログラミングの勉強をする

①:旅行をする

一つ目は、「旅行をする」です。

旅行は社会人になっても行くことはできます。しかし、学生のうちにしか行けないところもたくさんあります。

さらに、大学や高校の友達と休みを合わせて旅行に行くのも、社会人になってからは難しくなってきます。

ぜひ、学生のうちにたくさん旅行しておきましょう。

www.kotablo.com

②:海外ドラマを一気見する

二つ目は、「海外ドラマを一気見する」です。

海外ドラマは基本的に日本のドラマよりも本数やシーズンが多い。

海外ドラマを見たいけど、中々時間がなくてあまり見れていないという人には卒業までの期間は絶好の機会です。ぜひ、社会人になるまでにたくさん見ておきましょう。

www.kotablo.com

③:筋トレをする

三つ目は、「筋トレをする」です。

健康を保つには、適度な運動が必要。社会人としても健康でいることは、仕事のモチベーションにもつながり、とても重要です。

しかし、社会人は仕事が忙しかったり、飲み会が多かったりと中々運動をする時間がとれません。

そんな時のために、筋トレを始めて知識をつけて、健康でいるための方法を把握できるようになりましょう。

www.kotablo.com

④:資格の勉強をする

四つ目は、「資格の勉強をする」です。

社会人になって必要になる知識は社内の商品やルールだけではありません。より優秀な人材になるためには、多くの知識を保持している必要があります。

社会人になってからそういった知識を身につけるために資格を勉強しようにも中々時間を取ることが難しいでしょう。

しかし、卒業までの期間は時間がたくさんあるため資格の勉強ができます。

時間があるうちに資格の勉強をして、知識を身につけましょう。また、勉強の方法も身につけておくと、勉強効率も上がるはずです。

www.kotablo.com

⑤:プログラミングの勉強をする

五つ目は、「プログラミングの勉強をする」です。

今やプログラミングの知識を必要としない業種は少ないです。どの業種の仕事に就いてもほとんど重要視される知識です。

また、新入社員として社内の商品やルールを知らない場合でも、即戦力として扱ってもらうには十分すぎる知識ですので、学生のうちに勉強しておくことは将来後悔することはありません。

www.kotablo.com

今回はこれで失礼します。記事を読んでくださりありがとうございました。

Twitterもやっているのでよろしければフォローお願いします!!読者登録も!! 

では!!さらば!!