非IT企業でプログラミングを活かせるケース【当てはまれば勉強すべし!】

スポンサーリンク

f:id:tainers:20210127230605j:plain

どうも!非IT業種で働きながら社会人2年目でプログラミングスクール『TechAcademy』を受講したコタロウです!!

 

この記事では以下のような疑問について書いているので、ぜひ参考にしてくだされ!

 

「非IT企業の社会人でもプログラミングスキルを活かすことはできるのだろうか」

 

さっそく結論からお答えしますと、以下の状況にある場合はプログラミングスキルを活かしやすいです。

結論
  •  経営者や上司が先進技術に関心が高い場合
  •  事務職の場合
  •  自社Webサイトの運営に携わる場合

 

この記事では、なぜこのような結論に至ったかを順を追って書いていきます。2~3分で読み終わりますので、ぜひお悩みの方は一読ください。

 

目次

  1. 経営者や上司が先進技術に関心が高い場合
  2. 事務職の場合
  3. 自社Webサイトの運営に携わる場合

 

ではそれぞれを詳しく見ていきましょう。

経営者や上司が先進技術に関心が高い場合

f:id:tainers:20210127231321j:plain

 プログラミングの知識を活かせるかどうかは、アイデア力や業種等に左右される場合もありますが、会社や経営者・上司の方針が非常に大事になります。

 

まず、プログラミングに対する理解が少ない経営者や上司の場合、プログラミングを活用しようにも、業務として認めてくれない場合があります。理由は、プログラミングで何ができるかわからないからです。経営者も人間であるゆえに、わからないことを拒むのは当たり前です。

 

もちろん、企画書を出して上司を説得できれば別ですが、それにも労力というコストがとてもかかります。また、相当なプレッシャーをかけられる場合もあるでしょう。

 

逆に経営者や上司がプログラミングなど、技術的なことに関心が高い場合、チャレンジしやすい環境となります。

 

そういった現場だと、プログラミングを活用した業務効率化や生産性向上に対するアイデアは通りやすくなるでしょう。

 

事務職の場合

f:id:tainers:20210127231659j:plain

事務職の方は、普段からExcelを利用している場合が多いかと思います。Excelは、データの入力や管理、簡単な集計等ができるツールです。

 

それらの作業は全て、マクロで自動化することができます。マクロでどんなことができるかは、以下をご覧ください。

>>Excelマクロでできること

 

さらにPythonを学ぶことで、高度な分析も行うことができます。

 

非IT企業といっても、事務職の場合は、業務の効率化、高度化が求められます。ほとんどの場合、解決の糸口となるのはプログラミングとなりますので、ぜひ学んぶことをお勧めします。

 

事務職の方が活用できるおすすめのプログラミング言語について書いていますので、ぜひご参考にしてください!

 

自社Webサイトの運営に携わる場合

f:id:tainers:20210127232442p:plain

近年は、中小企業でも自社サイトを立ち上げて、ブランド化することが当たり前となってきています。

 

非IT企業であっても、社内の人材で作成しているところもあれば、外部のHP作成業者に依頼をしている場合もあります。

 

また、HPを活用していると「こんな機能を追加したい」といったことや、「デザインを少し変更したい」といった要望が出てきます。

 

そんな時に、HPやWebサイトを一から構築できる人材がいればとても重宝されます。

 

社内で「こんな機能を追加したい」と言った意見が出れば、対応の可否判断を外部人材に確認しますよね。これだけだと、そんなに大したことがないように思えるでしょうが、内容によっては、打ち合わせを設定して、社内事情を説明して、できるかどうかを判断してもらって、その後作業に入ってもらって等、実際には時間がかかってしまいます。

 

逆に、社内で意思決定ができることは非常に効率的です。もし、対応可否の判断ができたり、社内事情に詳しい人材がいれば、外部とのやり取りは、依頼することのみで済みます。

 

また、内容によっては外部に依頼するほどでもない場合もあり、無駄な経費も掛からないかもしれません。 

総括

以上の3つの理由により、非IT企業でもプログラミングを学ぶ意義は大いにあります。

 

ただ、これまで書いてきたことはあくまで、非IT業種で働く人の意見であるので、IT業界をよく知っている人の意見を聞くことも重要かと思います。

 

IT業種に詳しい人材と話す機会を設ける一番簡単な方法は、プログラミングスクールの無料カウンセリングです。

以下のリンクから『TechAcademy』の無料カウンセリングを受けることができます。

>> TechAcademyの無料カウンセリングはこちら

 

プログラミングを学ぶ意義について、悩みがある場合はぜひカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?また、参考として以下のような内容を相談してみてはいかがでしょうか?

 

質問項目

  • 非IT業種でプログラミングの知識を活かせるでしょうか?
  • 自分の仕事で活用できそうなコースはあるでしょうか?
  • 非IT企業の人の受講後のキャリアはどんなものがあるのでしょうか?

 

この記事では、非IT業種でプログラミングスキルを活用できる状況について、書きましたが、もちろん逆の場合もあります。

 

以下の記事では、非IT業種でプログラミングスキルを活用し辛い場合について書いているので、ぜひご参考までに!! 

www.kotablo.com

 

 この記事は以上です。読んでいただきこの上なく幸せでございます。今後ともよろしくです!!