マイプロテインのEAAの飲み方を解説【摂取量は1日に2杯です】

スポンサーリンク

マイプロテインのEAAの飲み方を解説【摂取量は1日に2杯です】

マイプロテイン(MYPROTEIN)のEAAってどのタイミングで飲めばいいのかな。トレーニングの成果を高めるためにEAAを飲んでみたいから、どのタイミングにどれだけ飲めば良いのか知りたい。

 

こういった疑問に答えます。

 

さっそくですが、以下のような飲み方がおすすめです。

 

マイプロテインの『Impact EAA』は1日に2杯摂取しましょう

 

では、なぜ1日に2杯必要なのか、どのタイミングで飲めば良いのかをこれから解説していきます。

 

マイプロテインは常にセールを開催していることから、半額よりも安い値段での購入が可能です。

 

セール内容はよく変わりますので、購入が初めての方はHPを常にチェックすることがおすすめです。

マイプロテインの特徴

  • 常にセールが開催されている
  • セール内容によっては半額以上で購入可能
  • 豊富なフレーバーや高い品質

 

初めて購入される人は、新規登録時に紹介コード欄に「MIIG-R2」を入力すると、2回目購入時に1,500円OFFとなるクーポンがもらえます。

 

では、本題に戻ります。

 

EAAの必要性

EAAの必要性

 

そもそもEAAをなぜ飲んだほうがいいのかと疑問があるでしょう。

 

EAAとは体内で合成できないにもかかわらず、筋肉の合成や生きていく上で重要な栄養である必須アミノ酸のことです。

 

必須アミノ酸(Essensial Amino Acid)を略してEAAと言います。

 

全部で9種類あり、それぞれに効果があります。それぞれの効果については以下の記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

 

BCAAはEAAに含まれている

 

ではBCAAとEAAは何が違うのか?という疑問が出てくるかと思います。

 

EAAのうち、筋肉の合成に効果がある3種類の必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンのことをBCAAと言います。

 

筋肉をつける上では、EAAではなくBCAAでいいのではないか、と思う人もいるでしょう。

 

ただ、できればEAAを摂取することがおすすめです。

 

必須アミノ酸は9種類全てをバランスよく摂取することで効果を得られます。また、必須アミノ酸には良質な睡眠を促進するものや集中力を高める効果もあります。

 

そのため、BCAAと比べると得られる効果が圧倒的に高いです。

 

筋肉をつけるためには良質な睡眠も必要になったりするので、可能であればEAAを摂取しましょう。

 

EAAの摂取タイミング

EAAの摂取タイミング

 

EAAは基本的に1日10~15g摂取すると効果を最大限得られると言われています。

 

これは海外の研究結果などで示されていますが、実際にトレーニングで筋肉をつけられている人はみんなこのくらい飲んでいます。

 

おすすめの飲むべきタイミングは以下の4つです。

 

  • トレーニング前
  • トレーニング中
  • トレーニング後
  • 起床後

 

トレーニングの効果を最大限高めるためには、体内のBCAA濃度を高い水準に維持することが重要のため、EAAの中に含まれるBCAAの量を起点に考えます。

 

トレーニング開始前にBCAA2,000mg摂取しておこう

 

トレーニング中にBCAAを不足させないためには、トレーニング開始30分前から摂取しておく必要があります。

 

大塚製薬の実験によれば、トレーニング開始30分前からトレーニング開始までの間にBCAAを2,000mg摂取していれば、トレーニング中に血中BCAA濃度を高く保つことができると判明しています。

 

そのため、トレーニング開始30分前からトレーニング開始までの間に2,000mgは摂取しておきましょう。

 

トレーニング中は摂取し続けよう

 

BCAAはトレーニングをしていくと消費されていくため、トレーニング中も絶えず摂取しておく必要があります。

 

特に長時間のトレーニングや有酸素運動をする場合は、BCAAを少しずつ摂取し続けた方が良いです。

 

トレーニング後も摂取しよう

 

筋肉を修復する働きもあります。

 

筋肉はトレーニングによって破壊され修復することでついてきます。トレーニングにより筋肉を破壊し、栄養摂取により筋肉を修復するというのが基本的です。

 

BCAAは、筋肉の修復のサポートも担うため、トレーニング後の摂取も非常に効果的です。

 

ただ、最初にも書いたようにBCAAなどの必須アミノ酸が効果を発揮するためにはすべてをバランスよく摂取することが重要です。

 

そのため、BCAAの摂取効率を上げるためにもEAAを飲んだ方が良いです。

 

朝の摂取も効果的

 

EAAはプロテインに比べて吸収が早いことが特徴です。

 

朝起きた時、身体の中は栄養が不足している状態のため、栄養を欲しています。

 

そのため、朝に栄養を素早く摂取できるEAAはとても効果的です。

 

マイプロテインのEAAの飲み方

マイプロテインのEAAの飲み方

 

それでは、マイプロテインのEAAの場合の詳しい飲み方を解説していきます。

 

マイプロテインのEAAにはBCAAが4,500mg含まれている

 

マイプロテインの『Impact EAA』に含まれる成分は以下の通りです。

 

成分 1杯当たり分量
ロイシン 3,000mgg
リシン 920mg
バリン 750mg
イソロイシン 750mg
トレオニン 730mg
フェルアラニン 360mg
トリプトファン 230mg
メチオニン 220mg
ヒスチジン 200mg

 

表のように1杯でEAAを7,160mg、うちBCAAは4,500mg摂取することができます。

 

EAAは1日に10~15g摂取すれば良いので、2杯を目安に摂取しましょう。

 

では、実際にトレーニングする日の飲み方を解説します。

 

トレーニングが30以内の場合

 

まず、トレーニング開始30分前から開始までに2,000mg程の摂取が必要なので、約半分程度を摂取しましょう。

 

そして、トレーニング中もBCAAの濃度を高めておきたいため、トレーニング終了にかけて残りを摂取していきましょう。

 

トレーニング後と朝にもう1杯分を摂取するようにしましょう。

 

トレーニング時間が30分以内の場合のおすすめの飲み方

  1. トレーニング開始30分前~トレーニング開始までに1杯の半分程度
  2. トレーニング中に残りの1杯の半分程度
  3. 朝とトレーニング後に1杯分をゆっくり摂取

 

トレーニング時間が30分~1時間の場合

 

2杯分のEAAを準備しておきましょう。

 

まず、トレーニング開始30分前から開始までに2,000mg程の摂取が必要なので、1杯目の半分程度を摂取しましょう。

 

そして、トレーニング中もBCAAの濃度を高めておきたいため、大体トレーニング開始30分くらいで1杯目の残りを摂取しましょう。

 

2杯目は残りのトレーニング時間やトレーニング後にゆっくり摂取しましょう。

 

トレーニング時間が30分~1時間の場合のおすすめの飲み方

  1. トレーニング開始30分前~トレーニング開始までに1杯目の半分程度
  2. トレーニング中に1杯目の残り半分程度、2杯目の半分程度
  3. トレーニング後に2杯目の残りを摂取

 

トレーニング時間が1時間以上の場合

 

2杯分のEAAを準備しましょう。

 

まず、トレーニング開始30分前から開始までに2,000mg程のBCAAの摂取が必要なので、1杯目の半分程度を摂取しましょう。

 

そして、トレーニング中もBCAAの濃度を高めておきたいため、トレーニング開始30分程度までに1杯目の残りを摂取しましょう。

 

そして、2杯目を30分ごとに半分程度ずつ摂取するようにしましょう。

 

トレーニング時間が1時間以上の場合のおすすめの飲み方

  1. トレーニング開始30分前~トレーニング開始までに1杯目の半分
  2. トレーニング中、30分ごとに1杯の半分程度を摂取
  3. トレーニング後に残った分を摂取

 

EAAは摂取しすぎたり、反対に摂取量が少なくても効果が最大限得られないかもしれません。

 

そのため、途中にも書きましたが1日に10~15gの摂取を心がけましょう。マイプロテインの場合、2杯で14.32gの摂取が可能です。

 

以上、マイプロテインの『Impact EAA』の飲み方の解説でした。

 

最初にも言いましたがマイプロテインは常にセールを行っています。

 

まだ、マイプロテインのサプリメントを購入したことがないという人は、一度セールの開催状況を確認してみてください。恐るべき安さになります!

マイプロテインの特徴

  • 常にセールが開催されている
  • セール内容によっては半額以上で購入可能
  • 豊富なフレーバーや高い品質

 

購入を検討している人の中で、味に失敗したくないという人は以下の記事を参考にしてください。

 

初めて購入される人は、新規登録時に紹介コード欄に「MIIG-R2」を入力すると、2回目購入時に1,500円OFFとなるクーポンがもらえます。

 

では、皆さんが充実したトレーニングライフを送れることを祈っております。