テックアカデミーのフロントエンドコースの課題【難しい課題は6つ】

スポンサーリンク

テックアカデミーのフロントエンドコースの課題【難しい課題は6つ】

テックアカデミー(TechAcademy)のフロントエンドコースってどんな課題があるのかな。課題の難易度、どんなスキルが身につくのかが知りたいです。

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • フロントエンドコースの課題紹介【難しい課題は6つ】
  • 課題に関する3つの特徴
  • おすすめは12週間プラン

 

私は、テックアカデミーで16コース受講した経験がありますが、フロントエンドコースで学ぶ内容は将来的な需要もありおすすめです。

 

以下、私がフロントエンドコースを受講した感想を書いているので、ぜひご覧ください。

 

課題の回答については、自力でもしくは自分からチャット等を通じて答えを導くことに意味があるので解説していません。。

 

あくまでどんな課題があるのか、どんなスキルが身につくのかを知りたい人向けの参考記事となっているのでご了承ください。

 

フロントエンドコースの課題紹介【難しい課題は6つ】

フロントエンドコースの課題紹介【難しい課題は6つ】

 

そもそもフロントエンドコースがどんなテキストになっているかわからないと思います。

 

そのあたりは、以下の記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

 

フロントエンドコースの課題は具体的に以下の通りです。

レッスン チャプター 課題

Lesson2

HTML/CSS

HTMLチュートリアル

HTMLで文書作成

Lesson2

HTML/CSS

CSSチュートリアル

CSSでレイアウト

Lesson3

JavaScript

DOM

Web電卓の作成

Lesson4

jQuery

あの部品はどうやって

できてるの?

タブ機能の作成

Lesson5

Bootstrap

まとめ

お問い合わせページの作成

Lesson6

外部ライブラリ

スクロールに合わせて

コンテンツをふわっと出す

アニメーションの追加

Lesson7

Web API

Flickr APIで写真を検索しよう

Lesson6のサイトにFlickr API

を使う

Lesson8

BaaS

自分だけの本棚サイト

を作ろう

削除機能の追加

Lesson8

BaaS

機能追加を考える上での

参考資料

お気に入り機能の追加

Lesson9

Vue.js

Flickr APIを使う

Vue.js中間課題

Lesson9

Vue.js

コンポーネント

Lesson6のサイトにFlickr APIと

Vue.jsを使う

Lesson10

オリジナルサイト

オリジナルサイト制作

に向けて

【最終課題】オリジナルサイト

の開発と公開

 

最初のlessen2から6までは簡単です。

 

テキストで学んだことと変わらないので、自分が書いたプログラムが動いているところを見て楽しいなと感じるくらいです。

 

Lesson7〜10の課題は難しい

 

これまでは、テキスト自体が簡単だったため必然的に課題簡単でした。

 

ただ、Lesson7〜10はテキスト自体の難易度が一気に上がります。

 

課題はテキストを理解できていないとできません。

 

そのため、Lesson7〜10はテキストを進めることに時間をかけてから課題に望んだ方が良いです。

 

この高難易度のLessonは、リアルタイムチャットなど実用的な内容が多いので、最終課題や転職後の仕事でも活かすことができます。

 

転職先で同じようなプログラムを組む時の参考にもなるでしょう。

 

また、テックアカデミーのテキストは受講後も永久に閲覧することができるので、課題の正解を持っていれば何度でも見返すことができます。

 

最終課題は企画・設計から

 

最終課題は、Cacooというワイヤフレームの作図ツールも使い設計します。

 

ワイヤーフレームとはWebサイトの設計図のようなものです。Webサイトは設計をしてからコーディングをしていきます。

 

本題に戻りますが、最終課題の提出項目は以下です。

 

  • 企画
  • 設計
  • コーディング

 

どんな目的のサイトなのか、どんなページ設計なのかをメンターに説明でき、自分が設計した通りにコーディングができるところまで求められます。

 

その後、さくらサーバーを利用してWeb上にサイトを公開するところまで学びます。

 

そのため、課題をクリアできれば、自分でサービスを企画するところまでのスキルを身につけることができます。

 

課題に関する3つの特徴

課題に関する3つの特徴

 

ここからは課題の3つ特徴について深堀していきます。

 

  • 特徴①課題は何度でも提出可能
  • 特徴②課題フィードバックのメンターはランダム
  • 特徴③課題レビューは受講後も閲覧可能

 

特徴①課題は何度でも提出可能

 

課題は提出するたびにメンターからフィードバックがもらえるので、内容が完璧でなくてもフィードバックをもらうために一度提出してみるのもありです。

 

また、その際にコメントを入れるところができるので、自分が微妙と思っているところを書いておきましょう。

 

特徴②課題フィードバックのメンターはランダム

 

課題の合格判定やフィードバックは、必ずしも専属のメンターというわけではありません。

 

各コースのメンターたちはシフトなので、その時間に担当しているメンターがチェックしてくれます。

 

メンターによって、フィードバックの違いはありますが、どなたも丁寧でわかりやすく教えてくれます。

 

特徴③課題レビューは受講後も閲覧可能

 

提出した課題のフィードバックやコメント状況は、受講後も永久に閲覧することができます。

 

できるだけ多くの情報を得られるために、提出時に多くの質問をコメントに入れておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに、課題レビューを受講後も閲覧するための方法は以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

おすすめは12週間プラン

おすすめは12週間プラン

 

フロントエンドコースは12週間もしくは16週間プランを受講する場合に限り、先割を適用させることができます。

 

この先割を適用することで12週間プランが一番お得になります。

 

先割とは1ヶ月以上先に受講が開始される期に申し込むことで適用されるキャンペーンです。ほぼ通年で行われています。

 

先割

 

今のキャンペーン状況はこちらからご覧ください。

 

先割には2つのメリットがあります。

  • 5%引きになる
  • 事前学習ができる

 

それぞれ深堀していきます。

 

5%引きは1万円以上割引になる

 

5%引は割引率が低いように感じますが、金額が高いだけに割引される額は大きいです。

 

フロントエンドコースの12週間プラン、16週間プランで先割を適用した場合、社会人はそれぞれ14,245円、16,995円、学生の場合だとそれぞれ11,495円、13,145円割り引くことができます。

 

他の割引でも基本的に1万円引きとなるので、先割が一番お得です。

 

テックアカデミーの料金は以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

事前学習ができる

 

テックアカデミーは、入金が確認され次第テキストを進めることができます。

 

受講開始とは、厳密に言えば課題レビューやメンタリングのサービスが始まることです。

 

先割で申込後すぐに入金すれば受講開始までに1ヶ月以上早めにテキストを読み始めることができます。

 

12週間プランを1ヶ月以上前から進められると考えれば、12週間プランがおすすめです。ただ、予算があるという人はメンタリングの数が多い16週間プランがおすすめです。

 

メンタリングの数は多いほど、得られる情報も多くなりますので。

 

先割を適用し、受講開始までに課題も進めておき、開始されればどんどん課題を提出していくという流れがおすすめです。(実際に無料体験時にアドバイスもらいました)

 

また、途中で言いましたようにLesson7~9は難易度が高いため、理解するのに時間がかかります。

 

そのため、先割の事前学習のうちに基本的なところは済ませておき、重要な部分に時間をさけるようにしましょう。

 

まずは無料体験を受講しよう

 

本受講を受ける人も、検討段階の人も無料体験は受けるようにしましょう。

 

無料体験は、1週間を通して簡単なカリキュラムを受けることもでき、メンタリングも経験することができます。

 

メンタリング時には何でも質問・相談ができるので、迷っていることがあればその場で解消することができます。

 

また、テキストを進めるうえで、勉強環境の準備やメンタリングを受ける手順などいくつか事前準備が必要になります。

 

それらを一度無料体験で経験しておくと、勉強時間を減らさずにスムーズにテキストを進めることができます。

 

そのため、まずは無料体験を受講しましょう

無料体験は以下の人に特におすすめ

  • オンラインを体験したい人
  • メンタリングを体験したい人
  • 受講に関する相談をしたい人

 

以上、フロントエンドコースで副業ができるようになる理由の解説でした。

 

以下の記事で、テックアカデミーのフロントエンドコースに関する情報をまとめているので、ぜひご覧ください。

 

それでは皆様が充実したプログラミングライフを送れることを祈っております!

フロントエンドコースは以下の人に特におすすめ

  • 転職を目指す人
  • 副業をしたい人
  • JavaScriptを学びたい人