【TechAcademy/テックアカデミー】メンタリングのよくあるご質問を元受講者が回答

スポンサーリンク

【TechAcademy/テックアカデミー】メンタリングのよくあるご質問を元受講者が回答

この記事では、TechAcademy(テックアカデミー)のメンタリングに関するよくあるご質問に対して、より重要な部分や注意しておいた方が良い点に対して、元受講者である私が回答や補足をします。

 

私がテックアカデミーでメンタリングを受けたコースは「Webアプリケーションコース」と「フロントエンドコース」の2コースです。

 

これらのコースのメンタリングで体験した事、注意した方が良い事、について書いているのでぜひご覧ください。

目次

 

メンタリングとは?

テックアカデミーでは、各コースでカリキュラムを進める上で、サポート役として1人のメンターがついてくれるようになっています。

 

このメンターと週に2回20〜30分程度、テックアカデミー指定のオンライン会議ツール(Talky)を活用してカリキュラムの進捗報告や質問・相談などをします。

メンタリングの注意点とは?

メンタリングの注意点に関して、以下のテックアカデミーのFAQに記載があります。

メンタリングについて(Talky) – TechAcademyサポート

 

単純な質問の内容については、上記のURLから解決できると思います。

 

ただ、記載されている質問の中でも、さらに注意が必要な項目があります。それが以下の項目です。

  • メンターからのメッセージはどこで確認できますか
  • 今後のメンタリングが不要になりました
  • セット受講の場合、メンタリングの振替はいつまで可能ですか
  • メンタリングを1時間にしたいです
  • メンタリングはいつ実施されるのですか?
  • メンタリングは何をする場ですか?

 

メンターからのメッセージはどこで確認できますか

この問いに対して、FAQの回答としては以下の通りです。

メンタリング終了毎にメンターから送られるメッセージについては学習システムのメンタリング一覧ページに表示される、「メッセージを読む」を押していただくとご確認いただけます。

 

メンターからは、上記以外にもアドバイスなどをもらえる事があり、その際にslackを通じてメッセージをいただけることもあります。

 

slackはフリープランだと、トーク履歴が消えてしまうことがあるので注意しましょう。トークが消えないようにするには、以下をご覧ください。

Slackの履歴が消えてしまいました – TechAcademyサポート

 

今後のメンタリングが不要になりました

この問いに対して、FAQの回答としては以下の通りです。

メンタリングが不要な場合はお問い合わせフォームまでご連絡ください。弊社スタッフよりメンターに報告しキャンセル処理をいたします。その際、サービス向上のために、メンタリングが不要になった理由についてもお教えいただけますと幸いに存じます。

例)学習が早く終わった、チャットサポートをメインで利用したい、スケジュールが変わった…等

 

まず、メンタリングは不要になってキャンセルしたとしても料金は変わりません。また、プロのエンジニアと話ができるため、とてももったいないです。

 

メンタリングの機会はとても貴重なので、カリキュラムが終わったりしたとしても、他に活用法はあります。以下の記事でそのあたりまとめているので、ぜひご覧になってみてください。

 

セット受講の場合、メンタリングの振替はいつまで可能ですか

この問いに対して、FAQの回答としては以下の通りです。

前半後半に関わらず、受講期間中ならいつでも振替可能です。担当メンターとご相談のうえ振替をお願いいたします。

 

受講期間中であれば振替可能でありますが、振替可能なメンタリングが残っているかどうかは、自分からメンターに相談するようにしましょう。

 

私は振替可能なメンタリングが1回分残っていましたが、忘れていたため、そのまま振替せずコースが終了してしまいました。。笑

 

メンタリングを1時間にしたいです

この問いに対して、FAQの回答としては以下の通りです。

1回のメンタリングは30分と決まっておりますが、メンタリングを2回連続で行うことで1時間枠にすることは可能です。当日中の対応は難しいのですが、事前にご相談頂くことで調整できるかもしれません。

 

メンタリングを2回連続行うことで1時間にすることは確かに可能ですが、自分が提示した日程はほとんど希望通りにならないかもしれません。

 

私の場合は社会人なので19時以降で調整をしていたため、2回くらい希望日程の幅を広げてほしい旨の連絡がきました。

 

社会人の受講者が多いのか18時までの間の時間だと申請は通りやすいのかもしれないです。

 

メンタリングはいつ実施されるのですか?

この問いに対して、FAQの回答としては以下の通りです。

決まった曜日・時間で実施します。
1回30分のサポートですが実際にお話しする時間は25分で、残り5分間は受講生の
皆様のためにメンターがメンタリングのレポートをまとめる時間となります。 

 

実際には、話が長引いて30分まるまる話をしてくれた場合もあります。ただ、そのあたりはメンターによるかと思います。

 

メンタリングは何をする場ですか?

この問いに対して、FAQの回答としては以下の通りです。

目標を決める、疑問を解消するなど、モチベーション維持に繋げましょう。

メンターは学習の進捗確認やオリジナル制作、疑問点解消 等のサポートをいたします。

 

メンタリングの活用方法に関しては、以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

メンタリングはキャンセル・振替できる?

メンタリングのキャンセル・振替に関しても良く質問が出てくると思います。

 

メンタリングはキャンセルも振替も可能です。実際にFAQに記載がありつつも注意点はあります。

 

ただ、少し長くなってしまうので、キャンセル・振替の注意点に関しては、体験談も踏まえながら以下の記事で紹介しています。

 

以上、メンタリングに関する注意点を受講者目線での紹介でした。上記の内容はあくまで受講者である私の体験から書いています。さらに詳しい内容や、テックアカデミーに関する情報を知りたい人は、一度無料体験を受講してみてください。

 

そこで、カリキュラムだけでなく、メンタリングや相談を無料で実施することができます。以下から受講できますので、ぜひご利用ください。

無料体験は以下の人に特におすすめ

  • オンラインを体験したい人
  • メンタリングを体験したい人
  • 受講に関する相談をしたい人

 

関連記事

プログラミングスクールを受講する人のニーズは以下の4つあると思います。

  • 副業を目指す人
  • フリーランスを目指す人
  • 転職を目指す人
  • 現職に活かしたい人

 

以下の記事では、上記のニーズに合ったおすすめのコースを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

 

以下、フロントエンドコースを受講した感想を記事にしています。興味がある方はぜひご覧ください。

 

以下、Webデザインコースを受講した感想を記事にしています。興味がある方はぜひご覧ください。