テックアカデミーのPythonコースはどんな人におすすめ?【AIエンジニア目指せます】

スポンサーリンク

テックアカデミーのPythonコースはどんな人におすすめ?【AIエンジニア目指せます】

テックアカデミー(TechAcademy)のPythonコースはどんな人におすすめなのだろうか?どんなスキルが身につくのかわからないからカリキュラム内容が知りたい。

 

この記事はこういった疑問を待つ人や、これからPythonの勉強をしたいと思っている人に向けて、テキスト内容や受講後のキャリア等を解説しています。

 

さっそく結論から申します。

テックアカデミーのPythonコースはAIエンジニアを目指す人にはおすすめですが、Web系のエンジニアを目指す人はWebアプリケーションコースがおすすめです。

 

PythonはAI開発やWebアプリ制作など、様々な用途で利用されています。おそらく、これからエンジニアを目指す人もPythonを勉強すれば良いといった話をたくさん聞かれていると思います。

 

この記事は、私がPythonコースを受講した経験を踏まえて書いているので、参考になるかと思います。

 

もし何か疑問を抱えているのであれば、無料体験を受講してみるのもおすすめです。

 

無料体験はメンタリングを経験でき、その場で何でも相談することができるため、一石二鳥の場です。

無料体験を受けるメリット

  • カリキュラム・メンタリングを体験できる
  • 割引クーポンがもらえる
  • 何でも相談できる

 

この記事を読み進めればPythonコースの内容だけでなく、AIエンジニアを目指す人にとって有益な情報も紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

 

本記事の内容

  • Pythonコースのテキスト紹介
  • AIエンジニアを目指すならはAIコースも受講すべき
  • Pythonコース受講後のキャリア
  • Webエンジニアを目指すならWebアプリケーションを受けよう

 

私はテックアカデミーで16コース受講し、仕事ではPythonで機械学習を活用したり、JavaScriptで簡単なアプリのカスタマイズをしています。

 

テックアカデミーを16コースも受講しましたが、他のプログラミングスクールと比べても費用をたくさんかけたというわけではありません。

 

気になる人は以下の記事をご覧ください。

 

では、本題に戻ります。

 

Pythonコースのテキスト紹介

Pythonコースのテキスト紹介

 

Pythonコースのカリキュラムは、まずプログラミングの基礎である変数や条件分岐、繰り返し、関数などを学びます。

 

その後、Pythonの特徴でもあるライブラリや機械学習について学ぶ内容となっています。

 

機械学習については幅が広い分野ですが、Pythonコースでは中でも数値予測と画像分類について学んでいきます。

 

テキスト内容

Lesson0

事前準備

メンタリング方法や環境構築など

Lesson1

本コースで学ぶこと

コースの説明

Lesson2

はじめてのPythonプログラミング

Pythonの歴史や実行方法など

Lesson3

Pythonの基本文法

数値、文字列、変数、関数など

Lesson4

オブジェクトの基礎

メソッドと関数の違いなど

Lesson5

制御構文

条件分岐、繰り返し、例外処理など

Lesson6

シーケンス

文字列のスライス、リスト、内包表記、タブルなど

Lesson7

セットと辞書

セット、集合演算、辞書など

Lesson8

関数の作り方

関数をモジュールとして利用、
Pythonの標準ライブラリなど

Lesson9

オブジェクト指向プログラミング

オブジェクト指向プログラミングの特徴、
継承、多様性、カプセル化など

Lesson10

テキストファイルの読み書き

テキストファイルの読み込み、書き込み

Lesson11

正規表現

正規表現の使い方、実用例など

Lesson12

NumPyの使い方(数値計算)

NumPyの配列と標準のリストの違い、
配列の作り方、使い方など

Lesson13

Matplotlibの使い方(グラフ描画)

グラフの基本、近似直線の描き方など

Lesson14

Pandasの使い方(表形式データ)

CSVファイルの読み込み、
DataFrameとndarrayの相互変換など

Lesson15

Pillowの使い方(画像加工)

Pillowについて、
画像をNumPyの配列に変換する方法など

Lesson16

scikit-learnの使い方(機械学習)

機械学習の概要、
scikit-learnを使った機械学習プログラムなど

Lesson17

気概学習の実践

数値予測、画像分類など

Lesson18

さらにPythonを学習したい方へ

アルゴリズム、Webアプリケーションを作る(Django)、
スクレイピングなど

 

この内容はあくまでも、Pythonの基礎中の基礎です。ただ、これだけの知識を得られればPythonでどんなことができるのか、どんなプログラムが書けるのかがわかります。

 

プロのエンジニアでもわからないことや知らないことはGoogle等で調べながら仕事をしています。実際にメンタリング中にメンターがGoogleを使っておすすめの記事を教えてくれることもありました。

 

テックアカデミーを受講すれば、基礎が身につくことに加え、メンタリングによって受講後の勉強方法や躓いた時のネットでの調べ方や対処法までアドバイスがもらえます。

 

AIエンジニアを目指すならはAIコースも受講すべき

AIエンジニアを目指すならはAIコースも受講すべき

 

カリキュラムを見ていただいたらわかる通り、PythonコースはAIエンジニアを目指す人向けです。

 

ではPythonコースでAIエンジニアになれるのか?と疑問に思う人もいると思います。

 

結論を言えば、Pythonコースを受講してAI開発の企業に転職ができれば可能です。

 

ただ、表で示したカリキュラムに記載している通り、AIについての内容は数値予測と画像分類のみです。

 

もし、AIエンジニアを目指したいと思っているならば、AIコースで回帰モデルやクラスタリングまで学んだ方が良いです。

 

AIコースはPythonコースのカリキュラム比較

 

では、それぞれのコースで学ぶ内容がどのように違うのか簡単に表で比較してみましょう。

  Pythonコース AIコース
Python基礎の勉強時間 90時間 12時間
数学 ×
画像加工 ×
機械学習 〇(一部)
クラスタリング ×
ディープラーニング ×

 

このように、AIコースは機械学習に関する内容も豊富で、クラスタリングやディープラーニングについても学ぶことができます。

 

反対に、Pythonコースは基本構文など基礎の部分が分厚い内容となっています。

 

Pythonが全くの未経験という人はPython+AIセット、すでにPythonに関して教養がある人はAIコースの受講がおすすめです。

 

セット割がある

 

テックアカデミーにはたくさんのコースがありますが、中でも一緒に受けた方が知識の幅を広げたり、理解を深められるコースはセットとしてパッケージとなっています。

 

PythonコースとAIコースもセットとしてパッケージ化されています。料金は以下の通り。

  別々で受講の場合 セット
8週間

社会人:349,800円

学生:327,800円

社会人:316,800円

学生:294,800円

12週間

社会人:404,800円

学生:360,800円

社会人:360,800円

学生:316,800円

16週間

社会人:459,800円

学生:393,800円

社会人:404,800円

学生:338,800円

24週間

社会人:569,800円

学生:459,800円

社会人:503,800円

学生:393,800円

 

このように、セットで受講すると、別々で受講するよりも最大66,000円お得になります。

 

AIコースを受講することで給付金が得られる

 

テックアカデミーのPython+AIセットは経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定されているため、条件を満たせば最大70%がハローワークから支給されます。

第四次産業革命スキル習得講座

 

第四次産業革命スキル習得講座とは、経産省のHPを引用すると以下の通りです。

「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」は、IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。

 

経産省から認定を受けているだけあり、カリキュラムの信用性は高いです。

 

本格的にAIエンジニアを目指したいという人は、Pythonコースだけでなく、AIコースも受講して助成金をもらうことが望ましいでしょう。

 

Pythonコース受講後のキャリア

Pythonコース受講後のキャリア

 

Pythonコースを受講した後に考えられるキャリアとしては、転職してAIエンジニアを目指すか、現職のままAIエンジニアを目指すかの2通りが考えられます。

 

転職は可能

 

AIエンジニアは未経験からの転職は難しいです。AIエンジニアは年収も高く、中途採用もキャリア採用ばかりです。

 

新卒の場合でも大学や大学院でスキルを身につけた人たちしかいないです。

 

ただ、テックアカデミーが独自で運営する就活サイトであるテックアカデミーキャリアでは、未経験でもテックアカデミー受講経験があれば応募要件を満たすことができます。

テックアカデミーキャリア

 

そのため、未経験からでもAIエンジニアを目指すことができます。

 

副業は難しい

 

AIに関する副業案件はほとんどありません。仮にあったとしても案件数も少なく相当レベルの高い案件でしょう。

 

テックアカデミーでは副業に向いたコースである場合は、テックアカデミーワークスという案件紹介サービスを通じて、メンターのサポート付きで案件に挑戦できます。

 

PythonコースやAIコースはテックアカデミーワークスのサービスがないため、実案件の経験もできず副業を始めることは難しいでしょう。

 

もし、言語に拘らず副業スキルを身につけたいという人はWeb制作副業コースが確実です。

Web制作副業コースは以下の人に特におすすめ

  • Webデザインを学びたい人
  • Web制作(プログラミング)を学びたい人
  • 仕事の獲得方法を学びたい人

 

Webエンジニアを目指すならWebアプリケーションを受けよう

Webエンジニアを目指すならWebアプリケーションを受けよう

 

これまで示した通り、PythonコースはAIエンジニアを目指す人におすすめです。

 

もし、Web系のエンジニアとなりたいという人は、Webアプリケーションコースを受講することが良いでしょう。

 

WebアプリケーションコースはRuby on RailsでTwitterクローンやチャットアプリの制作を経験することができます。また、最終課題としてポートフォリオサイトの制作もできます。

 

プログラミングを通じてアプリを作ってサービスを展開していきたいというような人は、Pythonコースではなく、Webアプリケーションコースを受講しましょう。

 

以上でこの記事は終わりですが、どのコースを受講するとしてもまず無料体験を受講するようにしましょう。

 

無料体験では、メンタリングを経験できたり、割引クーポンをもらえることもあります。まずは、無料体験を受講して悩みも解決してから本受講に挑みましょう。

無料体験を受けるメリット

  • カリキュラム・メンタリングを体験できる
  • 割引クーポンがもらえる
  • 何でも相談できる

 

では皆さんがテックアカデミーを受講して、よりよいエンジニア生活を送れることを祈っています。