【TechAcademy/テックアカデミー】おすすめコースをニーズ別に紹介

スポンサーリンク

TechAcademyおすすめコース紹介

この記事では、TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースを紹介しています。

 

皆さんは、TechAcademyの受講を考えているが、どのコースが自分に合っているのか迷っている人は多いのではないでしょうか?

 

筆者は定額制ウケ放題コースを活用して16コース受講しています。そのため、この記事で紹介している内容には信ぴょう性があるので、ぜひ参考にしてください!

※定額制ウケ放題コースについては、以下の記事をご覧ください。

 

目次

 

TechAcademyの特徴

おすすめのコースを紹介する前にTechAcademyをおすすめポイントについて紹介します。

 

TechAcademyの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 全てオンラインで完結
  • 1人で進められる
  • コースが豊富
  • 料金が安い

 

全てオンラインで完結

コースの進め方として、Web上のカリキュラムを時間があるときに進め、わからないところがあれば、いつでもSlackのチャットを通じて質問ができます。

 

質問の返信は15時~23時の間ですが、基本的に5分以内には返信が返ってきます。また、週に2回のメンタリングがあるため、その際にも質問や相談ができます。

 

オンラインでの受講に関しては、以下の記事で詳しく感想を記載しているので、ぜひご覧ください。

(作成中・・・オンラインのテックアカデミーの感想)

 

1人で進められる

他のプログラミングスクールは、複数人で作業をすることが発生します。IT業界で働く上で、チームで業務をすることが多いため、模擬みたいなものです。

 

ただ、未経験の人達がチームを組んで作業をしても経験につながるとは言い切れません。TechAcademyのメンターはIT業界の経験が豊富な人しかいないため、チームで活動するための秘訣を聞くことができます。

 

そのため、一人で集中して勉強したいという人にはうってつけです。

 

コースが豊富

TechAcademyは、コースの数が豊富なことも特徴の一つです。コース数が豊富なことで、学びたい内容がより具体的となっています。

 

データサイエンス等、何か学びたいことが明確になっている人はうってつけです。反対に何を受けたら良いかわからないという人は、この記事を読み進めてください。 

 

料金が安い

料金が安いことも特徴です。筆者は全部で16コースそれでも50万円程度で受講することができました。

 

幅広いスキルを身につけたいと思っている人は、特におすすめのスクールです。料金が安い理由や、安くするための方法については、以下の記事をご覧ください。

 

TechAcademyのコース紹介

TechAcademyのコースは以下の通りです。(2021年5月時点)

プログラミング
  • Webアプリケーションコース
  • Javaコース
  • WordPressコース
  • Androidコース
  • はじめてのプログラミングコース
  • AIコース
  • Node.js
  • OSS学習コース
  • PHP/Laravelコース
  • フロントエンドコース
  • iPhoneアプリコース
  • Unityコース
  • Pythonコース
  • データサイエンスコース
  • Google Apps Scriptコース
デザイン
  • Webデザインコース
  • Shopifyコース
  • UI/UXデザインコース
  • Webデザインフリーランスコース
  • 動画編集コース
  • デザイン実践ポートフォリオコース
  • 動画広告クリエイターコース
マネジメント
  • Webディレクションコース
  • はじめてのDXコース
  • Webマーケティングコース
  • DXマネジメントコース
Pro
  • エンジニア転職保証コース
  • Web制作副業コース

 

TechAcademyを受講する人のニーズ

TechAcademyを受講する人のニーズは大きく以下の4つに分けられるかと思われます。

  • 副業を目指す人
  • フリーランスを目指す人
  • 転職を目指す人
  • 現職に活かしたい人

 

TechAcademyに関わらず、プログラミングスクールの受講を考えている人は、こういったニーズを持っているでしょう。

 

以下では、これらのニーズに一番マッチしているおすすめのコースを紹介していきます。

ニーズ別おすすめコース

この記事では、上記で示したニーズの中から特におすすめであるコースを1つ紹介していきます。

 

副業・フリーランスを目指す人

副業やフリーランスを目指している人には、「Web制作副業コース」がおすすめです。

 

このコースは、副業をするにあたって案件の獲得方法まで学ぶことができるので、何かの副業をしたいと考えている人にとっては、実現まで一番の近道になるコースです。

Web制作副業コースは以下の人に特におすすめ

  • Webデザインを学びたい人
  • Web制作(プログラミング)を学びたい人
  • 仕事の獲得方法を学びたい人

 

転職を目指す人(東京)

未経験でIT業界に転職したいと考えている人は、「未経験からエンジニアを目指すエンジニア転職保証コース」がおすすめです。

 

このコースの一番の特徴は、転職が成功しなかったときのための返金保証があるところです。

 

近年、転職自体が難しくなってきていることもあり、確実に成功させるためには、このコースを受講することが望ましいです。

未経験からエンジニアを目指すエンジニア転職保証コースは以下の人に特におすすめ

  • 未経験からエンジニアに転職を目指す人
  • 東京の企業に転職したい人
  • Webアプリケーション制作を学びたい人

 

現職に活かしたい人

仕事として何かスキルを活かしたいと考えている人には「はじめてのDXコース」がおすすめです。

 

DXとはデジタルトランスフォーメーションの略で、ITを浸透させることで物事をより良い方向につなげていくという概念です。

 

日本はこのDX化が他の国に比べて遅いと言われています。さらに言えば、それが生産性の低さに直結していると言っても過言ではありません。

 

筆者も仕事でDX化に関するヒアリングを中小企業に対して行ったことがあるが、IT化に対する費用対効果を想定できていないこと、ITの知識がないことがDX化が進まない原因として挙げられました。

 

このコースを学ぶことでITで何ができるのか、プログラミングのコードを書かずとも業務効率化をつなげられる能力を身につけられ、会社で即戦力となることができるできます。

はじめてのDXコースは以下の人に特におすすめ

  • 現職にスキルを活かしたい人
  • 社内業務の効率化を考えている人
  • 自分の市場価値を高めたい人

 

いきなりコースを受講することが不安な人や、実際にどのようにオンラインで受講するのかが気になる方は、一度無料体験を受講してみてください。

 

そこで、カリキュラムやメンタリングを体験することができるので、事前演習としても丁度良いでしょう。

無料体験は以下の人に特におすすめ

  • オンラインを体験したい人
  • メンタリングを体験したい人
  • 受講に関する相談をしたい人

 

他に、転職や副業などキャリアに関する悩みを現状持っている人は、無料のキャリアカウンセリングを受けることがおすすめです。

 

IT業界の経験を持つプロのエンジニアにキャリアの相談をできる経験は普通出来ないので、悩んでいる人は絶対に受けた方が良いです。

 

無料キャリアカウンセリングは以下の人に特におすすめ

  • 転職の相談がしたい人
  • IT業界について知りたい人
  • プログラミング未経験の人

 

以上、TechAcademyのニーズ別おすすめコースの紹介でした。

関連記事

以下の記事では、フリーランスを目指している人に特化したコースを紹介しています。

 

以下の記事では、副業を目指している人に特化したコースを紹介しています。

以下、フロントエンドコースを受講した感想を記事にしています。興味がある方はぜひご覧ください。