【TechAcademy/テックアカデミー】期間はどうやって選ぶ?【目的別の選び方を紹介】

スポンサーリンク

【TechAcademy/テックアカデミー】期間はどうやって選ぶ?【目的別の選び方を紹介】

この記事では、TechAcademy(テックアカデミー)の受講を考えているけど、どの期間にすれば良いのだろうか?とお悩みの人向けに書いています。

 

実際にテックアカデミーを受講した経験から、自分に合った最適な期間を紹介しますので、ぜひご覧ください。

目次

 

テックアカデミーの期間の種類

テックアカデミーのコースは以下の期間のパターンがあります。

  • 4週間プラン
  • 8週間プラン
  • 12週間プラン
  • 16週間プラン
  • 24週間プラン

※コースによって期間は異なります。

※期間が決まっているコースもあります。

 

この期間の違いによって料金が異なっており、期間が長い程料金が高くなります。

 

なぜ期間が長くなるにつれ、料金が高くなる?

期間が長いにつれて料金が高い理由は、メンタリングの回数が増えるからです。

 

ただ、反対に考えればメンタリングをたくさん活用することが望ましい場合は、予算が許す限り長い方が良いということになります。

 

メンタリングが必要となるケースとは?

基本的にどんな目的で受講するとしてもメンタリングは必要です。メンタリングはIT業界のプロのエンジニアと話せる人生においても数少ない機会のため、とても貴重です。

 

詳しくは以下の記事で詳しく説明してるので、ぜひご覧ください。

 

では、期間を決めるための方法を見ていきましょう。

期間は受講する目的から決める

テックアカデミーを受講される方の目的は大きく以下の4つだと思います。

  • 副業できるスキルを身につけたい
  • フリーランスになりたい
  • 転職・就職したい
  • 仕事に活かしたい

 

この上記の目的ごとにコースを選択されると思います。以下の記事で、それぞれのおすすめのコースの紹介をしているので、ぜひご覧ください。

 

副業・フリーランスを目指す人の期間の決め方

副業やフリーランスを目指すとして、一番重要なことは案件獲得のスキルを身につけることです。案件獲得のスキルは、基本的に経験が必要です。

 

テックアカデミーでは、実案件に取り組むことがカリキュラムに含まれているコースがいくつかあります。

 

案件獲得スキルは、多くの案件に取り組むことで身に付きます。ただ、最初の方はわからないことばかりなので、メンターのサポートは必須です。

 

そのため副業やフリーランスを目指す人は、時間をかけてメンターと一緒に多くの案件に取り組めるように、予算が許す限り長の期間で申し込んだ方が良いです。

 

以下、フリーランスを目指す人におすすめコースを紹介しています。副業を目指す人にもおすすめとなりますので、ぜひご覧ください。

 

転職を目指す人の期間の決め方

転職を目指す人は、以下の2通りのパターンだと思います。

  • 転職保証コース
  • ポートフォリオを制作して転職

 

転職保証コースはポートフォリオの制作はなく、カリキュラム内に転職活動が含まれています。

 

一方、他のコースから転職や就職をする場合は、ポートフォリオが必要となります。

 

このポートフォリオの制作は、各コースの最終課題のオリジナルサイトの制作で作ることができます。(もちろんポートフォリオ以外でも構いません。)

 

ポートフォリオは実力を証明するための材料となります。そのため、出来次第で採用されるかどうかに関わるとても重要なものです。

 

したがって、できる限り凝ったサイトを作るためにメンターにアドバイスや指示をもらえるように、予算が許す限り長い期間を選んだ方が良いです。

 

以下テックアカデミーから、転職・就職を目指す方法を紹介しています。ぜひご覧ください。

 

仕事に活かしたい人の期間の決め方

仕事にスキルを活かしたい人のニーズとしては、カリキュラムの内容を理解できれば良いと言うことだと思います。

 

その場合、未経験ではどれくらいの期間があればカリキュラムを終えられるかという視点になりますね。

 

未経験で短い期間に修了できる?

筆者はWebアプリケーションコースとフロントエンドコースを未経験で受講しましたが、仕事をしながらであったので平日は2時間、土日は4時間程度しか時間を取れないという状況でした。

 

どちらのコースもだいたい6週間目にはカリキュラムを終えて最終課題のオリジナルサイトの制作を入ることができていました。

 

そのため、少し長く見積もったとしても平日2時間以上と土日それぞれで4時間以上確保できる人は12週間で受講しましょう。

 

それ以上の時間を確保できるかわからないという人は16週間を受講しましょう。

まとめ:期間の選び方

最後にまとめると以下のようになります。

副業・フリーランスが目的の人・・・予算が許す限り長めの期間

転職・就職が目的の人・・・予算が許す限り長目の期間

仕事に活かしたいひどい・・・12週間or16週間

 

期間について、他にも意見が聞きたいという方は、以下から無料体験を申し込んでみてください。無料体験では、カリキュラムやメンタリングを体験できますが、その際に、受講にあたっての相談もすることができるので、ぜひご活用ください!

無料体験は以下の人に特におすすめ

  • オンラインを体験したい人
  • メンタリングを体験したい人
  • 受講に関する相談をしたい人

安く受講したい人におすすめの記事

仕事に活かしたいと考えている人で、カリキュラムさえもらえれば良いと言う人は、以下の記事をご覧になってください。

 

筆者は上記の記事の方法で1コース約10,662円(税込)でカリキュラムを手に入れました。ぜひ参考にしてください!

 

以上、テックアカデミーの期間の決め方の紹介でした。