【内定後は旅行】学生のうちに国内・海外旅行をするメリット

スポンサーリンク

内定をもらってから社会人になるまでの間は、人生で一番自由な時間なのではないかと思います。 

内定後、アルバイトでたっぷりお金を貯めて旅行に行きまくるのも学生の楽しみの一つでしょう。筆者も内定後はたっぷり旅行に行って楽しみました。

そんな中で、今回は学生のうちに行く国内・海外の旅行のメリットを書いてみました。気になる方はぜひ読んでみてください。

f:id:tainers:20200104164723j:plain

  • ①:国内の温泉をたくさん回る
  •   ①-1:平日で安く泊まれる
  •   ①-2:平日で人が少ないうちに行くことができる
  •   ①-3:たくさんの友達と旅行ができる
  • ②:国内のリゾートに行く
  •   ②-1:平日で安く泊まれる
  •   ②-2:海外に抵抗がある友達とも行ける
  •   ②-3:シーズンじゃない時に行くのもおすすめ
  • ③:海外旅行
  •   ③-1:学生限定ツアーがある
  •   ③-2:次の日が休み
  •        ③-3:学生のうちだと休みを合わせやすい
  • ④:海外に1か月滞在する
  •   ④-1:長期間滞在できる
  •   ④-2:言語の勉強ができる
  •   ④-3:現地の生活を楽しめる

①:国内の温泉をたくさん回る

一つ目は、「国内の温泉をたくさん回る」です。特に学生のうちに温泉をたくさん回るメリットは下記が挙げられます。

  • 平日で安く泊まれる
  • 平日で人が少ないうちにいくことができる
  • たくさんの友達と旅行ができる

ではそれぞれ、少し詳しく見ていきましょう。

平日で安く泊まれる


平日と休日で旅館の値段は大きく変わってきます。もちろん平日の方が安いですね。どれだけ社会人で有給が推奨されていてもほとんどの会社で平日に2日間連続で取るのは難しいでしょう。

しかし、学生は基本的に平日に行くことができます。したがって学生のうちにたくさん回っておきましょう。

平日で人が少ないうちに行くことができる


平日に旅行に行くことができることのもう一つのメリットが人が少ないことです。土日や祝日に行くと、人が多く温泉にも入りづらいです。

できるだけ平日の人が少ないうちに行くことが理想ですね。その点学生は平日に行くことができるので、人が少ない間にのんびりしておきましょう。

たくさんの友達と旅行ができる


温泉旅行は海外旅行に比べてそんなに値段は高くありません。そのため、卒業までに1度だけでなく、何度か行くことができます。

そのため、何組かの友達と旅行に行くことができます。社会人になるまでに、大学の友達だけでなく高校の友達とも旅行に行きたい人には国内の温泉にたくさん行くのはおすすめです。

特におすすめの温泉は、『城崎温泉』です!!

城崎温泉のおすすめポイントは外湯めぐりができること。温泉街の旅館に泊まれば、外湯めぐりの券をもらえるので、時間が許す限り自由に入浴することができます。

さらに、旅館の食事もおいしいですが、あえて素泊まりで外食をするのもおすすめです。

②:国内のリゾートに行く

二つ目は、「国内のリゾートに行く」です。特に学生のうちに国内のリゾートに行くメリットは下記が挙げられます。

  • 平日で安く泊まれる
  • 海外に抵抗がある友達とも行ける
  • シーズンじゃない時に行くのもおすすめ

ではそれぞれ、少し詳しく見ていきましょう。

平日で安く泊まれる


これに関しては、上記の温泉をたくさん回る時と同じですね。しかし、国内のリゾートと言えば沖縄などが挙げられ、ほとんどが飛行機を利用するでしょう。

新幹線は平日と休日とで値段に変わりはありませんが、飛行機は平日の方が安くなります。したがって、学生のうちに平日に行くのはとても良いです。

また、ディズニーランドやUSJに行くのも平日で人が少ないので、学生のうちに行っておくのも良いでしょう。

海外に抵抗がある友達とも行ける


一緒に旅行に行きたい友達の中でも、海外にあまり乗り気じゃない人も少なくはないでしょう。それは国内に比べて安全ではないため、仕方ないことだと思います。

それでもその友達と一緒に旅行に行きたいという人には、国内の沖縄などのリゾートに行くと、海外の感じも少しは味わえて、なおかつ国内で安全に旅行ができます。

シーズンじゃない時に行くのもおすすめ


これはメリットというよりは筆者の個人的な感想ですが、

内定を得て社会人になるまでの間で旅行に行くとして、アルバイトでお金を貯めることを考えれば、冬のシーズンに行くことが多いでしょう。

※就活中にもお金を稼ぎたい人は下記の記事を参考にしてみてください。

www.kotablo.com

しかし、意外と沖縄などは冬に行っても楽しむことができます。台風の心配もなく、冬なのにそんなに寒くもない。あまり海に入るのが好きじゃないという人は夏よりも冬に行った方が、人も少なく楽しめるのではないでしょうか。

www.kotablo.com

上記の記事では、石垣島の冬の楽しみ方を紹介しているので、ぜひご参考にしてみてください。また、下記の記事では石垣島のおすすめのホテルをご紹介しているので、こちらも良ければ参考にしてみてください。

www.kotablo.com

③:海外旅行(ヨーロッパ、ハワイなど)

三つ目は、「海外旅行」です。特に学生のうちに海外旅行に行くメリットは下記が挙げられます。

  • 学生限定ツアーがある
  • 次の日が休み
  • 友達と休みを合わせやすい

ではそれぞれ、少し詳しく見ていきましょう。

学生限定のツアーがある


学生のうちは、限定のツアーなどの多くのプランがあります。海外旅行はたくさん行ったことある人でないと国内に比べて何をすれば良いのかわかりません。なので、ツアーを使用することは、簡単であり、安心感があります。

特に学生限定ツアーの利点は値段が安いことです。例えば、1週間イタリアに旅行に行く場合、20万円程で行くことができます。イタリアと聞いてハードルが上がるでしょうが、この値段だと高いですが学生でもいけないことはないですね。

次の日が休み


社会人と学生の旅行に対するモチベーションの大きな違いは、次の日が休みかどうかです。

最終日の次の日が仕事だとどうしても仕事のことを考えて思い切り楽しむことができない人もいるでしょう。

しかし、次の日が休みの場合、誰でも気楽に旅行を楽しむことができるはずです。筆者も旅行に行くときはできるだけ次の日を休みにして気楽に旅行を楽しみたいです。

学生のうちに気楽を旅をしておきましょう。

友達と休みを合わせやすい


社会人になっても海外旅行はできないことはないです。しかし、一緒に行く人が同じ会社であるとは限りませんね。(同じ会社でも休みを合わせられるかはわかりませんが、、)そんな中で、友達と休みを合わせることは困難なはずです。ましてや1週間ほど期間が必要となる海外旅行ではなおさらです。

学生のうちに友達と休みを合わせて思い出を作っておきましょう。

④:海外で1か月滞在する

四つ目は、「海外で1か月滞在する」です。特に学生のうちに海外で1か月滞在するメリットは下記が挙げられます。

  • 長期間滞在できる
  • 言語の勉強ができる
  • 現地の生活を知ることができる

ではそれぞれ、少し詳しく見ていきましょう。

長期間滞在できる


社会人になると、1か月も連続して休みを取ることは難しいでしょう。しかし、学生の場合は1か月連続して休みを取ることはできます。

ほとんどの人が、人生で自由に海外で1か月以上滞在できるのは学生の時だけでしょう。学生最後の時間を利用して貴重な体験をしておくのも良いかもしれません。

言語の勉強ができる


長期間海外にいることで、たくさんの観光スポットに行くことができます。それだけでなく、海外に長期間滞在することは、それだけ海外の言語を耳にしたり話す機会が増えます。

海外の言語の能力を持っていることは、社会人になってからとても役に立つスキルです。旅行もでき、言語の勉強もできるので、一石二鳥ですね。

現地の生活を知ることができる


ただ旅行するだけでは、実際に現地の人がどんな生活をしているのかを知ることはあまりできません。

その点長期間滞在することは、実際に生活することでもあります。実際に現地の生活を体験することは、多くの人にとって将来のキャリアにとって良い経験になるでしょう。

将来海外に赴任した際や、海外の人とともに働く際に活きる経験になるはずです。

最後に

よく学生のうちにいろいろなところに行っておいた方が良いという人が多いです。しかし、それよりも学生時代は誰と旅行に行くのかというのも意識してみても良いのではないでしょうか。

今回はこれで失礼します。記事を読んでくださりありがとうございました。

Twitterもやっているのでよろしければフォローお願いします!!読者登録も!! 

では!!さらば!!