入院時におすすめのWi-Fiレンタルサービスを紹介【病室でWi-Fiは必須です!】

スポンサーリンク

入院時におすすめのWi-Fiレンタルサービスを紹介【病室でWi-Fiは必須です!】

入院する病院にWi-Fiがないんだけど、ポケットWi-Fiを契約した方がいいかな?

ポケットWi-Fiは何を基準に選べば良いかな?

 

こういった疑問に答えます。

 

さっそく結論です。

  • ポケットWi-Fiは持つべきです。
  • 入院時のポケットWi-Fiはレンタル期間で選びましょう。

 

なぜ、こういった結輪に至ったかをこれから解説していきます。

 

本記事の内容

  • ポケットWi-Fiを準備してから入院しよう
  • ポケットWi-Fiはレンタル期間で選ぼう
  • 入院時におすすめポケットWi-Fiレンタルサービス〇選

 

少し余談ですが、私は20代で3回も入院を経験していますが、絶対に揃えておいた方がよいグッズがあります。

 

以下の記事でそれらを紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

ポケットWi-Fiはその一つです。では、入院時にポケットWi-Fiが必要な理由を解説します。

 

ポケットWi-Fiを準備してから入院すべき

ポケットWi-Fiを準備してから入院すべき

 

入院生活でポケットWi-Fiが必要な理由は以下の3つです。

  • 病院にWi-Fiがあっても繋がりにくい
  • 病室でWi-Fiが使えない
  • テレフォンカードは金の無駄遣い

 

それぞれ詳しく解説します。

 

Wi-Fiがあっても繋がりにくい

 

病院によっては、無料Wi-Fiサービスがありますが、Osaka Free Wi-FiなどのFree Wi-Fiが多いです。

 

それだと30分や1時間に1回操作が必要になったりとても不便です。

 

映画を見ていて途中で止められるのは嫌ですよね。

 

病室でWi-Fiが使えない

 

Wi-Fiの使用場所がデイルームなどに限られており、ベッドの上では使えないこともあります。

 

病室から中々動けない人もいるため、それでは不便ですよね。

 

どこでも使えるように病院でポケットWi-Fiは必須です。

 

テレビカードは金の無駄

 

病院と言えばテレビカードですよね。

 

私も初めて入院した時は、テレビカードを購入していました。

 

大体1枚1000円で20時間前後なので、1日10時間テレビを見るとしても5日間で2500円程度かかります。

 

テレビで見るようなニュースは、SNSで見ることができますし、バラエティはTVerなどでも見ることができます。

 

また、テレビはデイルームで大体ついているのでわざわざテレビカードを購入する必要はありません。

 

それだったら、1日数百円でポケットWi-Fiをレンタルした方がよっぽど安く済みます。

 

テレビカードを買う前に、ポケットWi-Fiのレンタルを検討しましょう。

 

ポケットWi-Fiはレンタル期間で選ぼう

ポケットWi-Fiはレンタル期間で選ぼう

 

ポケットWi-Fiのレンタルサービスはいくつがありますが、短期間の入院の場合は1日単位でレンタルできるサービスがおすすめです。

 

一方で長期間入院される場合は月単位でレンタルすることがおすすめです。

 

2年間は解約できないといった期間の縛りがあるサービスがありますが、最近ではそういった期間の縛りがないサービスもあります。

 

入院する期間によって、日単位のレンタルか月単位のレンタルかを決めましょう。

 

入院時におすすめのポケットWi-Fiレンタルサービス3選

入院時におすすめのポケットWi-Fiレンタルサービス3選

 

それでは、おすすめのポケットWi-Fiレンタルサービスを紹介していきます。

 

  • Wi-Fiレンタルどっとこむ
  • WiFi東京
  • DMMいろいろレンタル

 

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ

 

WiFiレンタルどっとこむは、病院に直接宅配してくれるサービスや1日単位でのレンタルなど、融通が利くことが多いのでとてもおすすめです。

 

おすすめのポイント

  • 1日単位でレンタル可
  • 当日15時までの申込で当日発送
  • ポスト返却ができる
  • コンビニ、空港、宅配、病院などに宅配可能

 

以下、サービスの概要です。

料金 341円~/円
送料

ポスト返却の場合:返却手数料:517円/台

宅配の場合:1台550円、2台以上の場合1,100円

利用開始 最短で翌日から
レンタル期間 1日~
容量 無制限あり

 

どういった種類があるのかなど、詳細を確認したいという人は、以下のリンクからご確認下さい。

WiFiレンタルどっとこむのメリット

  • 入院中に受け取ることができる
  • 短期間の利用ができる
  • 即日で利用できる

 

WiFi東京

WiFi東京

 

WiFi東京は1日単位でレンタルができ、本人確認等もなく面倒な作業なしでレンタルできるのでとてもおすすめです。

 

おすすめのポイント

  • 初期費用、解約手数料無し
  • 申込の際に本人確認書類は原則必要なし
  • 返却用レターパックによりポストに投函するだけ
  • 17時までの申込で即日発送

 

以下、サービスの概要です。

料金 440円~/日
送料

往復送料が一律1,100円

利用開始 最短で翌日から
レンタル期間 1日~
容量 レンタル期間に応じ1日/最低3GBを保証

 

どういった種類があるのかなど、詳細を確認したいという人は、以下のリンクからご確認下さい。

WiFi東京のメリット

  • 店舗でも受け取ることができる
  • 短期間の利用ができる
  • 即日で利用できる

 

DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタル

 

DMMいろいろレンタルは、1ヶ月単位でのレンタルが可能であり、解約違約金も0円で利用できます。

 

1日当たり140円でもレンタルできるので、長期間入院される人にはとてもおすすめです。

 

おすすめのポイント

  • キャリア契約や手数料がない
  • 長期レンタルするほどお得
  • 2年縛りなどがない
  • 解約金がない

 

以下、サービスの概要です。

料金 4,200円/月~
送料

往復送料は一律1,100円

利用開始 最短で翌日から
レンタル期間 1ヶ月~
容量 無制限あり

 

どういった種類があるのかなど、詳細を確認したいという人は、以下のリンクからご確認下さい。

DMMいろいろレンタルのメリット

  • 無制限もある
  • 長く借りる程お得
  • 即日で利用できる

 

ここまでをまとめると、2週間以内の短期間の入院をされる人は、WiFiレンタルどっとこむとWiFi東京がおすすめです。

 

一方、2週間以上の長期間の入院をされる人は、DMMいろいろレンタルがおすすめです。

 

以上、入院時におすすめのWi-Fiレンタルサービスの紹介でした。入院生活をできる限り快適に過ごせるように祈っております。