【Excelマクロ】VBAによるセルの指定方法を紹介

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

この記事では、VBAでのセルの指定方法を紹介しています。

 

VBAでのセルの指定方法は、2パターンあります。

①Cells()で指定

②Range()で指定

 

①Cells()で指定

    Cells(1, 1).Select

 

上記の場合、セルA1を指定しています。基本的な使い方としては、以下のように行番号と列番号を指定します。

 

    Cells(行番号, 列番号).Select

また、この行番号と列番号は以下のように変数で指定することも可能です。

 

    Dim row, column as Integer
    row = 3
    column = 2
    Cells(row, column).Select

上記の場合は、「row」「column」それぞれを数値変数として宣言し、「row」は3、「column」は2としています。

 

そのため、セルB3を指定していることになります。変数の宣言については、以下をご覧ください。

(作成中)
 
 

②Range()で指定

    Range("A1").Select

上記の場合、セルA1を指定しています。

 

以上、VBAでのセルの指定方法の紹介でした。セルの範囲選択については、以下をご覧ください。

 

以下、VBAを学ぶのにおすすめの書籍となっています。ぜひ参考にしてください。