【Excel(エクセル)/マクロ/VBA】プログラム・コードを書き始める方法を図解

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

『VBAのコードってどうやって書き始めるのだろうか』と悩んでいる人のために、VBAのコードの書き始め方、エディタの表示方法を図解します。

 

VBAのコードを書き始めるにはまず、準備が必要になります。それは下記の画像のようにExcelのメニューバーの「開発」タブを表示させる必要がございます。

Excelのメニューバー

「開発」タブの表示方法は下記をご覧ください。

 

それではまずVBA(Visual Basic for Applications)のコードを書くための手順を解説していきます。

 

①「開発」タブのVisual Basicをクリック

②左エリアで右クリック

③挿入→標準モジュールをクリック

①「開発」タブのVisual Basicをクリック

Excelのメニューバー

クリックすると下記のような画面が表示されます。

(ショートカットキーの場合は、Alt + F11で開くことができ、Alt + Qで閉じることができます。)

VBAの画面

 

②下記画像の矢印が示す部分で右クリック

標準モジュール表示画面

 

③挿入→標準モジュールをクリック

標準モジュールクリック

 

すると下記のように白い画面が表示され、ここにコードを書くことができるようになります。

エディタ画面

 

以下の記事ではマクロを実行する手順について紹介しています。ぜひご覧ください。

 

以下は、VBAのおすすめの 本です。今後さらに勉強したいと考えている人は一度読んでみてください。