【感想】フロントエンドコースを受けてみた【TechAcademy(テックアカデミー)】

スポンサーリンク

フロントエンドコース

どうもサラリーマンながらTechAcademy(テックアカデミー)16コースを受講したコタローです!

 

この記事では、中でもフロントエンドコースを受講した感想について書いています。以下のようなことを書いているので受講を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

受講期間

コース概要

カリキュラムの感想

メンタリングの感想

受講後のキャリアに関する感想

 

受講期間

パソコンとカレンダー

まず初めに筆者のTechAcademyの受講期間等の概要は以下の通りです。

受講期間 2020年7月13日(月)~2021年1月31日(日)
費用 510,400円(税込)
受講コース数 16コース

 

このうち、最初に受講したコースはWebアプリケーションコースとフロントエンドコースのセットを受講しました。

 

上記の中でも、フロントエンドコースに要した期間は2020年9月10日頃~2020年11月1日頃まで受講しました。大体8週間程度です。他のコースにかけた時間が短いように思えるでしょうが、詳細は以下の記事をご覧ください。 

 

正直、仕事をしながら進めていたことと、Webアプリケーションコースで制作したオリジナルサイトにJavaScriptを組み込んだりしていたため、1日に1時間か2時間程度しか時間を取れずぎりぎりでした。最後の課題に合格したのも、10月31日でした。。

 

また、先にWebアプリケーションコースを受講していたことで、データベースの仕組みなどをあらかじめ理解していたため、カリキュラムを進めること自体は難しく感じませんでした。

 

そのため、仕事をしていてかつ未経験の方は、最低でも12週間程度の期間でやることをお勧めします。それくらい時間を取らないと、オリジナルサイトの質が低いものになってしまいますので。せっかく自分で企画から行うため、時間をかけた方がスキルは身に付きます。

 

コース概要

パソコンを触る人

受講する内容としては、以下の通りです。

  • フロントエンドの概要
  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • Bootstrap
  • 外部ライブラリ
  • WebAPI
  • Baas
  • Vue.js
  • オリジナルサイト

 

フロントエンドのメインであるJavaScriptだけでなく、HTML/CSSを学び、自分で企画してWebサイトを作成するスキルまで身につけることができます。

カリキュラムの感想

まず、カリキュラムの難易度的には、それほど高くありません。未経験の場合でも、課題は難なくクリアできるでしょう。

 

ただ、フロントエンドコースでは、RubyやPHPなどのバックエンドについては学ばないため、Webサイトを制作するにはバックエンドの処理を提供してくれるサービスを利用します。

※バックエンドとは、画面に見えない部分の処理をしているところです。例えば、データの保存等

※カリキュラムでは本棚サイト、リアルタイムチャットを制作します。

 

それらは、本題ではないため説明は少し薄くなっています。ただ、チャットやメンタリングで質問できる時間があるため、時間が十分にある方はその際にしっかりとした説明を受けると良いでしょう。

 

受講し終わって、感じたこととしては、フロントエンドコースだけでは、Webサイトの仕組み自体を理解するのは難しいのではないかと思いました。

 

バックエンドのRubyやPHPのコースも一緒に受講して、どんな仕組みでサーバーとデータベースのやり取りがされているのか理解していなければ、カリキュラムの内容はBaasあたりから難しく感じるでしょう。

 

フロントエンドコースはWebアプリケーション等とのセットパックがありますが、他にも安く受講する方法があります。詳細は以下の記事をご覧ください。

 

カリキュラムの進め方に質問等がある場合は、以下の無料体験から簡単な内容のカリキュラムを受けることができるので受けてみてください。

>>TechAcademyの無料体験はこちら

 

最後にオリジナルサイト制作についてですが、カリキュラムでは基礎的な内容がほとんどのなります。また、JavaScriptでできることの幅が広すぎるため、どうしても自分でネット等を通じて調べることが多くなります。

 

実際のエンジニアも、調べ物をしながら業務を進めています。そのため、重要なことはカリキュラムの基礎的なところを学び、わからないことや応用的な内容は自分で調べながらコードを書くという能力を身につけることだと実感しました。

 

余談ですが、カリキュラムは永久に閲覧することができるので、受講後も参考書として活用することができます。

メンタリングの感想

テレビ会議

基本的に、メンタリングは決まった曜日の時間は15時台~22時台の間の決まった時間で20~25分程度受けます。都合がつかない日は前日までにキャンセルをすると、別の日に振り替えることができます。

 

当日のキャンセルは事前連絡で可能ですが、振り替えができないので、1回分メンタリングが少なくなってしまいます。

※キャンセル方法について・・・前日まではシステム上、当日はメンターにSlackを通じて連絡。

 

最初の曜日設定や振替日の設定は、サラリーマンで受講している人も多いため、自分の希望通りの時間で取れるかがわかりません。

 

また、メンターは自分で選ぶことはできません。そのため、相性の面で当たり外れがある運の部分が大きいです。

 

筆者の時は、図を使った説明をしてくれたりとても分かりやすく説明をしてくれましたが、人によってはとても厳しい人に当たったりもしたらしいです。こればかりは運だと。

 

メンタリングはカリキュラムに内容に沿って進めていくのも良いですが、カリキュラムが簡単だと感じる人は、さっさと終わらせて、オリジナルサイト制作の際に応用したプログラムやサービスのアドバイスもらったりするとさらにスキルを高められます。

 

また、メンタリングは基本自分主体で進むことが多いので、わからないことや質問事項を予めメモしてから臨むようにしましょう。

 

以下の無料体験では、メンタリングも実際に受けることができるので、どのようなものか気になる方は一度受講してください。

>>TechAcademyの無料体験はこちら

 

受講後のキャリアに関する感想

就職活動をする人

受講後のキャリアに関する感想として、プログラミング未経験の人が受講した場合は以下のようになるかと思われます。

転職・・・可能

副業・・・厳しい

フリーランス・・・厳しい

 

転職

テックアカデミーでは、どのコースを受講しても転職のチャンスがあります。幅広い企業の求人があるため、どの言語を扱っている人でもできます。

 

また、フロントエンドの部分は技術的に発展してきていることもあり、需要が高いです。そのため、多くの転職先があります。

 

テックアカデミーでは、フロントエンドコースではないですが転職に特化したコースがあります。転職に失敗した場合は、受講料が返金されるサービスです。転職を考えている人は以下から詳細確認をしてください。 

>>未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Pro(エンジニア転職保証コース)の詳細はこちら

 

副業

フロントエンドは、需要があるもののプロで技術力の高い人も多くいます。そのため、案件を獲得するにも競争に勝つことが難しいのが現状です。

 

そのため、未経験からフロントエンドを学んだと言ってもすぐに副業をすることは難しいでしょう。

 

副業をしたい方のおすすめのコースについては以下をご覧ください。

 

フリーランス

フリーランスも副業同様の理由です。未経験では実績がないため、フリーランスとしてやっていくことはほぼ不可能です。

 

将来的にフリーランスを目指している場合は、一度転職をして実績を積んでからになります。詳細は以下をご覧ください。

 

 

以上のことから、フロントエンドコースの受講は転職を考えている人におすすめのコースとなります。

 

また、フロントエンドコースについてさらに詳しく聞きたい方や、受講後の進路について確認したいことがある場合は以下から無料のキャリアカウンセリングを受けてください。 

>>無料キャリアカウンセリングはこちら