【初心者向け】初めてのプロテインの選び方【3つの手順で購入】

スポンサーリンク

3ステップ

この記事では、初めてプロテインを購入される方向けに最適なプロテインの選ぶための3つのステップを紹介しています。

 

悩み

現在のプロテインは種類、メーカー、味、サイズ等、様々なものが販売されています。そのため、プロテインを初めて購入しようとしている方はどんなプロテインを買えば良いのか悩んでいるのではないでしょうか?

 

解決

この記事では、自分に合ったプロテインを選ぶための3つのステップを紹介しています。今回紹介する手順を踏めば、プロテイン選びに困らなくなります。2~3分程度で読むことができるので、ぜひ参考にしてください。

 

まず、プロテイン選びのための3ステップの紹介の前に、プロテインはそもそも飲んだ方が良いのか?という疑問に対する結論と、プロテインの種類について書きます。

 

プロテインは飲んだ方が良い?

まず、初めにプロテインは飲んだ方が良いのか?という疑問に対して、結論は以下の通りです。

 

結論

運動をしている人・・・飲むべき

運動をしていない人・・・朝食をしっかり食べない人は飲むべき

 

プロテインの効果としては、筋肉の生成するためのタンパク質・アミノ酸の摂取、疲労回復等があり、健康促進に役立つサプリメントです。

 

運動をしている人にとっては、言わずもがな栄養の摂取として必需品となります。ただ、プロテインはサプリメントであり、あくまで補助的なものになるため、運動をしていない人で、毎日3食しっかり栄養を取っている人は飲まなくても良いでしょう。

 

ただ、朝食を食べない人や、日々の食事でたんぱく質を取れていないと感じる人は補助として摂取することはおすすめです。

 

プロテインの種類

現在、販売されているプロテインは大きく3つの種類に分けられます。

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

 

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは牛乳に含まれるたんぱく質です。中でも、ホエイ(乳清)というヨーグルトの上澄みにできる液体に含まれているタンパク質をホエイプロテインと呼びます。

 

水に溶けやすく吸収が早い特性や、必須アミノ酸をバランスよく含むことから、身体を大きくしたい人が筋トレ後すぐに栄養補給する際におすすめのプロテインです。

 

比較的サラサラしてて飲みやすい味が多いです。

 

カゼインプロテイン

カゼインプロテインも、ホエイプロテイン同様牛乳に含まれるたんぱく質です。牛乳のタンパク質に80%も含まれるカゼインという成分が原料となっています。

 

ホエイプロテインとは対照的に、不溶性であり吸収が遅い特性があります。そのため、減量期など体の栄養を枯渇させたくない場合に最適です。

 

不溶性でありドロドロして少し飲みづらい味が多いです。

 

ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆に含まれるたんぱく質です。大豆に含まれるイソフラボンの効果も得ることができるため、肌の健康や血流改善にも作用するため、健康的なプロテインです。

 

ソイプロテインは、カゼインプロテイン同様に吸収速度が遅いため、減量期におすすめのプロテインです。

 

カゼインほどはドロドロではなく飲みづらさはそれほど感じません。

 

ここまでのまとめ

種類 原料 目的 吸収
ホエイ 牛乳 増量 速い
カゼイン 牛乳 減量 遅い
ソイ 大豆 減量 遅い

 

上記の表を利用して、筋トレの目的別に飲むプロテインを選ぶことができます。

 

では、3種類のプロテインを紹介しましたので、次に本題であるプロテイン選びの3STEPを紹介していきます。

  1. 目的から種類を選ぶ
  2. 味をきめる
  3. 予算からサイズを決める

 

STEP1:目的から種類を選ぶ

目標設定

まず、最初のステップとしてプロテインを飲む目的を明確にします。

 

おそらく、プロテインを飲もうと考えている人は大体以下の3つにうち、どれかに当てはまるのではないでしょうか。
 

  • 体を大きくしたい
  • 減量したい
  • 健康を維持したい

 

この3つの目的から、プロテインの種類を選択すると以下の通りになります。

  • 体を大きくしたい → ホエイプロテイン
  • 減量したい → ソイプロテイン
  • 健康を維持したい → ソイプロテイン

 

 「減量したい」と「健康を維持したい」という目的の場合、ソイプロテインだけでなく、カゼインプロテインも当てはまります。

 

しかし、ソイプロテインはカゼインプロテインに比べ、大豆イソフラボンの効果(肌の健康促進、血流の改善等)や飲みやすさがあります。

 

STEP2:味を決める

味を決める

プロテインの種類が決まりましたら、次は味を選択しましょう。

 

味を選ぶ際に重要なことが、初めて飲む味かどうかです。プロテインはどのメーカーも味によって当たり外れがあります。

 

プロテインを初めて飲むという方は、「ココア」「カフェオレ」当たりを選ぶようにしましょう。理由としては、プロテインに味がついた頃からずっとある味なので、どのメーカーも改良に改良を重ねられているからです。

 

プロテインを初めて購入する人

失敗しないために、安全な「ココア」味や「カフェオレ」味を選びましょう。

 

STEP3:サイズを決める

サイズの比較

味が決まれば、サイズを決めましょう。プロテインは大体1Kgや3Kg等のサイズがあります。

 

以下、いくつかのメーカーのサイズごとの1杯当たりの単価を示した表です。例として、SAVASとGronGを紹介します。

  サイズ 値段 値段/1杯
SAVAS 1.05kg 6,105円 約122円
2.52kg 13,200円 110円
GronG 1kg 2,480円 約75円
3kg 5,780円 約59円

※共に税込み価格です。

※SAVASの2.52Kgはココア味のみです。

 

表からもわかる通り、大きいサイズを購入することはメリットがあります。ただ、デメリットもあります。

メリット・・・1杯あたりの単価が安くなる

デメリット・・・味を間違えると飲むのが億劫になる

 

デメリットも加味すると、サイズは味によって決めた方が良いです。初めてプロテインを飲む人は「ココア」や「カフェオレ」といった失敗することがほぼない味のため、大きいサイズを購入しましょう。

 

美味しいことを知っている味の場合でも大きいサイズを購入した方が良いですね。

 

反対に「ココア」や「カフェオレ」以外で初めての味に挑戦する場合は、失敗する場合があるので大きいサイズは控えましょう。

 

サイズ選びのまとめ

プロテインを初めて購入・・・「ココア」「カフェオレ」の大きいサイズ

美味しい味をリピート・・・大きいサイズ

飲んだことのない味に挑戦・・・小さいサイズ

 

最後に初めてプロテインを購入される人向けにおすすめのホエイプロテインとソイプロテインそれぞれ紹介します。

ホエイプロテイン

GronG(グロング)ココア味3Kg

このメーカーのおすすめポイントとしては、上記の表でも表示している通り、1杯当たりが3Kgで約57.8円ととても安価です。

 

国産で安心して飲むこともできるため、はじめてプロテインを購入されるという方は、以下の「ココア」味の3kgを購入してみてください。

 

GronGは他にも美味しい味がたくさんあります。以下の記事では、ランキング形式で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

エクスプロージョン カフェオレ味3kg

エクスプロージョンの特徴もGronGと同様にコスパの良さです。サイズは3Kgしかないですが、1杯あたり約55円ととても安価でお得です。

 

中でも、カフェオレ味は味が濃すぎないため、とても飲みやすいです。特に粉っぽくもなく口にも残らないので朝に飲むこともおすすめです。

 

エクスプロージョンのプロテインに興味がある方は、以下の記事もご覧ください。

 

ホエイプロテインのメーカー選びにお困りの方は以下の記事をご覧ください。

 

ソイプロテイン

マイプロテイン チョコレートスムーズ味1kg

ソイプロテインのおすすめは、マイプロテインです。マイプロテインは割引やセールを常に行なっていることからHPで購入した方が安い場合があります。

 

ただ、HPからの購入は8,000円以上の購入で配送料が無料になるので、多種類のサプリメントを一気買いする際に利用しましょう。詳細は以下をご覧ください

>>【Myprotein】HPはこちら

 

商品によっては、Amazonに出品されています。中でもソイプロテインのチョコレートスムース味(チョコ味と思ってください)は、飲みやすく安い価格で出品されているのでおすすめです。

 

1Kgが最大のサイズであり、2,670円の1杯あたりは約80円相当です。HPでのセールや割引を利用するとさらに安くすることは可能ですが、初めて購入する際は、Amazonで試してみても良いかと思います。

 

一方で、公式HPからの購入は場合によっては、半額以上になる場合もあります。以下のリンクから一度確認してみてください。

 

他に、マイプロテインの関連記事として、以下の記事もご覧ください。

 

以上プロテインを選ぶための3STEPの紹介でした。少しでも参考になればと思います。

 

以下の記事ではホエイプロテインを点数評価して、最もおすすめの商品を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。