【Excelマクロ】VBAで範囲の内側に罫線を引く方法を紹介【セルの書式設定】

スポンサーリンク

VBAで範囲の内側に罫線を引く方法

この記事では、VBAで範囲の内側に罫線を引く方法を紹介しています。

 

目次

 

範囲の内側を指定する際の名前

内側を指定する際の名前を表形式で紹介すると以下の通りです。

項目 名前
内側の垂直方向 xlInsideVertical
内側の水平方向 xlInsideHorizontal

 

範囲の内側を指定するプログラム

範囲の内側を指定するプログラムは以下の通りです。

 

垂直方法

    With Range("B2:C3").Borders(xlInsideVertical)
        .LineStyle = xlDouble
        .Weight = xlThick
    End With

 

水平方向

    With Range("B6:C7").Borders(xlInsideHorizontal)
        .LineStyle = xlDouble
        .Weight = xlThick
    End With

 

上記のそれぞれのプログラムでは、「線のスタイル」を二重罫線で指定しています。

 

範囲の内側の罫線の「線のスタイル」を指定する方法

罫線の「線のスタイル」は、線の種類「LineStyle」と太さ「Weight」を組み合わせて指定します。

 

「線のスタイル」は「線なし」を含めると全てで14種類あります。以下の記事で、すべての線の種類「LineStyle」と太さ「Weight」の組み合わせを紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

範囲の内側の罫線の「線の色」を指定する方法

この記事では、「ThemeColor」と「TintAndShade」を使って「線の色」を指定する方法を紹介します。

 

以下の画像のうち、赤線のアンダーラインの部分が「.ThemeColor」、赤枠の中身が「.TintAndShade」に対応しています。

配色

「.ThemeColor」は左から順番に番号が対応しています。

 

「.TintAndShade」の部分は比率で表示します。「.ThemeColor」との対応表は以下の通りです。

.ThemeColor
-0.05 0.5 -0.1 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8
-0.15 0.35 -0.25 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
-0.25 0.25 -0.5 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4
-0.35 0.15 -0.75 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25
-0.5 0.05 -0.9 -0.5 -0.5 -0.5 -0.5 -0.5 -0.5 -0.5

 

例として、5番(青色)の一番を濃い色で内側の垂直方向に二重罫線を指定する場合は、以下のようなプログラムとなります。

    With Range("B2:C3").Borders(xlInsideVertical)
        .LineStyle = xlDouble
        .ThemeColor = 5
        .TintAndShade = -0.5
        .Weight = xlThick
    End With

 

他にも「Color」を利用して、「標準の色」を指定する方法もございます。それについては、以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

関連記事

VBAで罫線を操作する方法をまとめたページを作成しました。以下の項目について知りたい方は、ぜひ記事をご覧ください。

  • 線の種類を選択する方法
  • 上下左右に線を引く方法
  • 斜線を引く方法
  • 外枠に線を引く方法
  • 内側に線を引く方法
  • 線の色を指定する方法

 

 

VBAの勉強方法について不安があったり、迷いがある方は一度以下の記事をご覧ください。記事を読むことで、VBAの正しい勉強方法を学ぶことができます。

 

参考書籍

VBAは基本的にネットで検索することで知識は得られます。そのため、勉強するならば、ネット検索が一番おすすめではあります。ただ、ネットでの検索はわからないことを調べるという方法です。

 

一方で書籍だと一から順序立てて基礎を網羅することもできます。以下の記事はVBAの基礎を網羅するのにおすすめの記事なので、ぜひご覧ください。