【Excelマクロ/VBA】ピボットテーブルの値を最大値にする方法を紹介

スポンサーリンク

パソコンを触っている人

この記事ではExcelマクロ・VBAを活用して、ピボットテーブルを操作する方法を紹介します。中でも今回は、値フィールドの集計で最大値にする方法について紹介します。

 

できるだけコードをコピペするだけ活用できるようにしていますので、ぜひご参考にしてください。

 

マクロの使い方については以下の記事を参考にしてください。

 

ではさっそく、方法を見ていきます。ピボットテーブルは作成している前提で説明します。ピボットテーブルについては以下を参考にしてください。

(作成中)

 

以下の画像のようなピボットテーブルがあるとします。ピボットテーブルの名前は『ピボット1』

全て合計値のピボットテーブル

このピボットテーブルの値の集計を最大値にするためのコードは以下のようになります。

   '適宜、"ピボット1"と"合計 / 国語"の部分を変更してご利用ください。
    With ActiveSheet.PivotTables("ピボット1").PivotFields("合計 / 国語")
        .Function = xlMax
    End With

上記のマクロを実行すると、結果は以下の通りです。

国語が最小値となったピボットテーブル

 

プログラムの重要な部分をまとめると以下の通りです。

.Function = xlMaxで最大値を指定

 

以上、ピボットテーブルで値を最大値にする方法でした。ピボットテーブルを自動化することは、業務効率化につながります。ぜひコードを活用して、スキルを身につけてください!

 

以下の書籍はマクロを勉強するためにおすすめの書籍となります。これからさらに勉強される方は、ぜひ一読下さい。