グロングのWPIは他のプロテインメーカーと違う?【ビタミン豊富】

スポンサーリンク

グロングのWPIは他のプロテインメーカーと違う?【ビタミン豊富】

グロング(GronG)のWPIはどんな特徴があるのだろうか。グロングのWPIは他のプロテインメーカーと何が違うのかを知りたい。

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • グロングのWPIの特徴【ビタミンも摂取できる】
  • 他メーカーと比較してみた【コスパ良し】
  • おすすめフレーバーはストロベリー

 

私もよくグロングのプロテインを飲んでいますが、コスパも良く美味しいです。

 

以下の記事では、グロングのプロテインの評判をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

グロングのWPIの特徴【ビタミンも摂取できる】

グロングのWPIの特徴【ビタミンも摂取できる】

 

そもそもWPIとはホエイプロテインアイソレート(Whey Protein Isolate)の略です。

 

タンパク質以外の不純物をできるだけ取り除いているため、脂質、炭水化物、カロリーが低いです。さらにお腹が弱い人も飲みやすいように作られています。

 

他のメーカーと比較する前に、まずはグロングのWPIの特徴を少し解説しておきます。

 

具体的に特徴は以下があります。

  • タンパク質高含有
  • 低乳糖・低脂質
  • CFM製法
  • BCAA高含有
  • 11種類のビタミン
  • アミノ酸スコア100

 

タンパク質高含有・低乳糖・低脂質

 

これらはグロングのWPIの特徴というよりも、WPIプロテイン全てに通ずる特徴です。

 

タンパク質を多く含み、脂質や炭水化物が少ないです。そのため、タンパク質含有率が高くなります。

 

ホエイプロテインの原料は牛乳ですが、乳糖を低く抑えることで、お腹が緩い人でも飲みやすいように作られています。

 

CFM製法でタンパク質、BCAA高含有を実現

 

CFM製法とは牛乳がもつ生理活性物質を高いレベルで残し、高いたんぱく含有率を実現する精製方法。

 

この方法により、高いタンパク質だけでなく、原料である牛乳から乳糖などの不要な不純物を除き、BCAA等筋トレに欠かせない成分を残せています。

 

また、プロテインはよくトレーニング後に飲まれますが、BCAAをトレーニングに飲むことは筋肉の分解防止にもつながるため、必須の成分です。

 

11種類のビタミンは他メーカーにない特徴

 

WPIはタンパク質含有量・含有率を重視して作られています。

 

ただ、グロングのWPIはそれだけでなく、多くのビタミンも摂取することができます。

 

ビタミンがなければ筋肉はつきません。摂取したタンパク質は、ビタミンによって体の中でアミノ酸に分解・合成され、筋肉がつくられます。

 

知っての通りビタミンは沢山の種類があります。

 

筋肉合成のサポートだけでなく、運動中のエネルギーを生み出したり、運動による体の不調を防ぐ働きのものもあるため、摂取すべきビタミンが多いです。

 

それらも一緒に摂取できるところは、グロングのWPIプロテインの他にない大きな特徴です。

 

他にも、必須アミノ酸の含有比率を評価する指標であるアミノ酸スコアは100と満点です。

 

アミノ酸はバランスよく摂取することで効果を発揮することができます。

 

他メーカーと比較してみた【コスパ良し】

他メーカーと比較してみた【コスパ良し】

 

グロングのWPIの特徴を紹介したうえで、実際に他メーカーと比較分析してみます。

 

今回はWPIプロテインがある以下のプロテインと比較します。

  • グロング
  • マイプロテイン
  • ON(Optimum Nutrition)
  • エクスプロージョン

 

これらプロテインは全て、コスパも良く美味しいプロテインです。実際の表は以下の通り。

 

メーカー 商品名 フレーバー サイズ タンパク質量 タンパク質含有率 値段 食数 1食当たりの値段
グロング ホエイプロテイン100 WPI ココア 3kg 24.5g 84.50% 8,780円 103食 85.2円
マイプロテイン Impact ホエイアイソレート ナチュラルチョコレート 5kg 23g 92.00% 17,190円 200食 89.6円
ON ゴールドスタンダード ダブルリッチチョコレート 4.5kg 24g 78.90% 13,990円 148食 94.5円
エクスプロージョン ホエイプロテインアイソレート フルーツオレ 3kg 23.8g 79.30% 7,938円 100食 79.38円

(横にスクロールできます。)

 

表を見ると、グロングのWPIは若干ですが「タンパク質量」が一番高く、「タンパク質含有率」や「1食当たりの値段」は2番目に良い数字です。

 

タンパク質含有率に関しては、ビタミン等などタンパク質以外の良質な成分を多く含んでいる上での数字です。

 

タンパク質が24.5gに対して、脂質は0.1gで炭水化物が1.1g、カロリーも107kcalなので、減量やダイエットをされる人には最適です。

 

総じて、グロングのWPIは他のメーカーと比べても、ビタミン豊富でありコスパの面でもおすすめと言えます。

 

 

更にコスパをよくするために、安く購入できる情報を以下で紹介しているのでぜひご覧ください。

 

おすすめフレーバーはストロベリー

おすすめのフレーバーはストロベリー

 

最後に味に迷っている人のためにおすすめフレーバーを紹介しておきます。

 

私が飲んだ中で一番おいしかったフレーバーはストロベリーです。

 

ストロベリー風味は、牛乳で割れば完全にイチゴオレです。水で飲んでも全然美味しいです。

 

甘すぎる味がそんなに好きでないという人は水で割ってもよいですし、牛乳と水を1:1で割っても程よい甘さとなります。

 

どの味にするか迷っているならば、ストロベリーを選べば間違いないです。

 

ただ、イチゴが好きでないという人は無難にココアがおすすめです。

 

また、グロングのプロテインは予算が許すのであれば大きいサイズを購入する方が良いです。そのあたりは以下の記事で紹介していますが、その方が安く済みます。

 

グロングの中でWPIとそれ以外のプロテインは成分がどれくらい違うのか気になる人は以下の記事をご覧ください。

 

以上、グロングのWPIの他メーカーとの違いの解説でした。

 

 

皆さんが充実した筋トレ生活を送れることを祈っております。